「おじさん趣味」にハマる現代女性の元祖? バブル期「オヤジギャル」の鮮烈な記憶

80年代後半から90年代かけて、中高年男性のような言動をとる若い女性「オヤジギャル」が話題になりました。20世紀研究家の星野正子さんが当時を振り返ります。


「おじさん趣味」を好む女性たち

 東京で暮らすメリットのひとつに、さまざまな趣味に対して気軽にチャレンジできることがあります。さまざまな趣味を見ていると、その多くが、男女ともに楽しめるものへと変化している印象を受けます。

 筆者(星野正子、20世紀研究家)は歴史好きですが、歴史ファンは今や、男性より女性の方が多いのではないでしょうか。

「歴女」という言葉が普及する以前から歴史関連の書籍を読んだり、博物館巡りを楽しんだりする女性はある程度いましたが、今では圧倒的な存在感です。鉄道についても同様でしょう。

 そのひとつの例として、女子高生が中高年男性向けの趣味を楽しむ漫画の増加が挙げられます。女子高生がマージャンを競う、小林立のマージャン漫画『咲-Saki-』は、2006(平成18)年の連載開始当初こそ異色の作品とされていましたが、今は同様の作品が当たり前のようにあります。

 少し調べてみただけでも、

・登山 = 『ヤマノススメ』(泰文堂)
・自転車 = 『南鎌倉高校女子自転車部』(マッグガーデン)
・釣り = 『放課後ていぼう日誌』(秋田書店)
・旧車 = 『ぜっしゃか!』(KADOKAWA)

などなど。

 この記事を書くにあたっていろいろと調べていたら、ひたすら女子高生が東京の城跡を巡るという、山田果苗『東京城址女子高生』(KADOKAWA)という作品を見つけ、思わず全単行本を買ってしまいました。

 また、探訪趣味のなかでもコアな行き先だった「遊郭跡」は今では女性の方が多いです。2021年の現在、「おじさん趣味」というくくりは過去のものになりつつあるといえるでしょう。

そんな女性たちはいつから増えたのか


【画像】女子高生が「おじさん趣味」を楽しむ漫画作品

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210309_oyaji_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画