大ピンチの外食産業に現れた救世主? テイクアウト・デリバリーをフル活用する「イエナカ外食」とは

リモートワークの定着でその在り方が問われている外食産業。今後はどのような変化を遂げていくのでしょうか。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の稲垣昌宏さんが解説します。


外食店の新しい取り組みが次々と登場

 東京都渋谷区を中心に飲食店を運営するクマガイコーポレーション(渋谷区神南)は、コロナ禍で「SHIBUYA PREMIUM DELIVERY(渋谷プレミアムデリバリー)」を開始しました。

 このサービスは同社が運営する渋谷の5店舗横断でデリバリー注文できるようにして、「父親は焼き鳥、子どもはピザ」など、まるでフードコートのような使い勝手を実現したものです。なお配達料1回分しかかかりません。

 また、代々木上原にあるリストランテ「Quindi(クインディ)」(渋谷区上原)ではワインを100mlのボトルに小分けして販売するサービスを開始しました。

 ボトルを丸ごと買っても飲みきれないという人や、その日の料理に合うワインを赤白各1杯だけ買いたいなど、きめ細かいニーズに対応しています。オンライン通販では有名ソムリエがセレクトした3種セットの販売も行い、「料理とのマリアージュ」「選者」といった、外食の付加価値を家で楽しめるように進化させています。

これからのキーワード「イエナカ外食」とは

 これらの飲食店の新しい取り組みの背景にはコロナ禍があります。消費者は最近、

・外食(家外の飲食店で食事をすること)
・中食(調理済みの食品を買って家などで食べること)
・内食(家で食材を調理して食事をすること)

の使い方を変えています。

 これまでは、

・外食 = 少しぜいたくな食事
・内食と中食 = 普段使いの食事

でしたが、少しぜいたくな食事ですら家で消費したいという「イエナカ」ニーズが高まっているのです。

デリバリーサービスのイメージ(画像:写真AC)

 筆者(稲垣昌宏)が上席研究員を務めるホットペッパーグルメ外食総研(リクルートライフスタイル)では今回、メニューや味付け、サービス、設備といった外食の付加価値を、

・テイクアウト
・デリバリー
・ミールキット(レシピと必要な分量の食材がセットになった商品)
・通販

などで家に届けることを総称して、「イエナカ外食」と命名しました。

テイクアウト・デリバリーの利用率が倍増


【トレンドまるわかり】コロナ後の「外食トレンド」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_011-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210324_gaishoku_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画