お金の博物館で感じた「人はなぜ稼ぐのか」という根本的疑問

2015年7月に丸の内にオープンしたデジタル博物館「金融/知のランドスケープ」を訪れたライターの秋山悠紀さんが見て、感銘を受けたものとは。


「大手町・丸の内・有楽町地区計画」に伴う施設

 2019年10月からスタートした消費税増税や軽減税率。そして本格的に始まったキャッシュレス化と、なにかとお金にまつわる話題が多かった2019年。秋には、銀行に口座を持っているだけでお金がかかる“口座維持手数料”の導入が、大手銀行で検討されているというニュースが話題を集めました。2019年は増税によって人々のお金に対する価値観がよりシビアなものになり、税金や銀行の存在そのものへの疑念が日本中を駆け回ったとも言えます。

 そんな中、三井住友銀行は銀行や金融という存在が多くの人の身近な場所として存在するように、さまざまな施策を行っています。

 三井住友銀行東館ライジング・スクエア(千代田区丸の内)2階のデジタル博物館「金融/知のランドスケープ」は、お金や経済の仕組み、金融の役割や銀行の歴史などを学べるミュージアムです。どのような施設なのか、取材しました。

それぞれの柱の裏には歴史上の偉人たちが残した金言が書かれている(画像:秋山悠紀)

 日本経済の中心地といえる東京・丸の内は、大手町や有楽町などの近隣エリアを含め、大企業や都市銀行のビルが立ち並んでいることで知られています。一方、経済だけではなく文化や地域交流といった側面にも力を入れていることはあまり知られていません。

 2015年に千代田区が告示した「大手町・丸の内・有楽町地区計画」には、日本経済の中心であり世界に開かれた街となるべく、新たに建設される建物は地域の活性化に資する施設を設ける指導が盛り込まれました。その指導のもと、2015年7月にオープンしたのが三井住友銀行東館ライジング・スクエアのデジタル博物館「金融/知のランドスケープ」です。

金で信用を作るな、信用で金を作れ


【アンケート】FP・金融のプロが今選ぶ「本当に賢い教育資金の貯め方」とは?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200109_kinyu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_kinyu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_kinyu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_kinyu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_kinyu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200109_kinyu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画