近代東京を作った立役者「三島通庸」はかつて渋沢栄一を殺そうとしていた【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


「一橋家臣編」で広がった渋沢の行動範囲

 渋沢栄一を主人公とするNHK大河ドラマ「青天を衝け」は、5月2日放送回までは埼玉県を舞台とする血洗島・青春編でした。5月9日放送回からは、一橋家臣編が始まっています。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 血洗島・青春編と一橋家臣編で違いは多々ありますが、なによりも大きく違っているのが渋沢の行動範囲です。渋沢家は藍玉の生産・販売を手がけていたこともあり、上州や信州などに藍葉を買い付けに行き、江戸へと販売に出掛けることは珍しくありませんでした。そのため、通常の農民と比べても行動範囲は広いといえます。

 しかし、血洗島・青春編は渋沢の生家を中心に物語が展開したこともあり、舞台の中心は武蔵国でした。対して、一橋家臣編では草彅剛さん演じる一橋慶喜に仕え、慶喜が朝廷との交渉窓口となっていたことから渋沢も京都に滞在しました。そのため、京都を中心にストーリーが展開されています。

 幕末期、幕府が置かれた江戸は大都市として発展を遂げていました。一方、大坂も商人の町として経済的に発展し、江戸と比肩するほどのにぎわいを見せていました。

 大坂は京都が近いという立地的な面からも重要視され、薩摩藩や土佐藩、中津藩などが屋敷地を構えていました。土佐出身の岩崎弥太郎、中津藩出身の福沢諭吉も幕末期に大坂で生活を送っています。

『青天を衝け』でも、西郷隆盛や大久保利通といった明治維新で活躍する重要人物が多く大坂に滞在している様子が描かれています。作中では、あまり目立つように描かれ方はされていませんが、松村龍之介さんが演じる三島通庸(みちつね)は明治以降の東京をつくった立役者でもあります。

 渋沢は薩摩藩の動向を探るべく大坂に潜り込んでスパイ活動をするわけですが、当時の薩摩藩と一橋家は意見の相違から非常に険悪な間柄にありました。そのため、三島は大久保と謀って渋沢を亡き者にしようと機会をうかがっていた時期がありした。しかし、明治新政府が発足すると両者の関係は好転していきます。

銀座大火後に始まった銀座煉瓦街の建設


【事前にチェック】大河ドラマ館がオープンした「北区・飛鳥山」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210529_mishima_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画