小山田問題で批判された「90年代サブカルチャー」 実は『孤独のグルメ』人気の立役者だった

小山田圭吾さんのいじめ問題で一躍注目を浴びた90年代サブカル。その大まかな流れと現在への影響について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


90年代サブカルを象徴「悪趣味」「鬼畜系」

 東京五輪の開催直前、ミュージシャンの小山田圭吾さんが自身のいじめ問題で世間から大きな批判を浴びました。その結果、小山田さんは開会式の楽曲担当を降板することになりました。

 この件で同じく注目を集めたのが、いじめ問題の発端となった雑誌記事の背景にあった1990年代のサブカルチャー(以下、90年代サブカル)の存在です。

 90年代サブカルを象徴する言葉としてよく使われるのが、

・悪趣味
・鬼畜系

です。

 90年代に上京したり、東京で青春時代を過ごしたりした人は、これらの言葉や、そのえたいの知れない独自文化が記憶の片隅にあるのではないでしょうか。

1997年に発売された漫画『孤独のグルメ』オリジナル版(画像:扶桑社)

 現在、ごく一部のユーチューバーが「ウケるなら何をやっても構わない」と迷惑行為を繰り返していますが、当時は社会全体にそのような空気が漂っている部分もありました。忌み嫌われるものが好まれたり、一般社会で受け入れがたい行為が賛美されたりする――などです。

 とりわけ小山田さんの問題以降、インターネットで「90年代サブカル」と検索すると、多くの批判的な文章が検索上位に表示されるようになっています。

 90年代サブカルを批判的に分析する書籍は、ニューウェイヴバンド「ロマンポルシェ。」のメンバー・ロマン優光さんの『90年代サブカルの呪い』(コアマガジン、2019年)や、精神科医・香山リカさんの『ヘイト・悪趣味・サブカルチャー 根本敬論』(太田出版、2019年)など、数多くあります。

90年代が残した暗黒面


【画像】2019年に出版された『90年代サブカルの呪い』

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210819_ninties_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210819_ninties_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210819_ninties_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210819_ninties_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210819_ninties_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画