倒産相次ぐアパレル業界で「ユニクロ」基盤が20年揺るがないワケ【連載】これからの「思考力」の話をしよう(1)

新型コロナの感染拡大やIT技術の急激な進化で、多くの企業がビジネスモデルの抜本的な転換を迫られています。そんななか最も必要とされるのが一社員の「思考力」です。当連載では歴史の風雪に耐えた基礎的な理論・フレームワーク(思考の枠組み)を紹介し、現在でも色あせないその魅力について学んでいきます。第1回となる今回紹介する理論・フレームワークは「小売の輪」です。


アパレル業界を20年以上けん引

 ユニクロやGUを運営するファーストリテイリングが注目を集めています。コロナ禍で部屋着などカジュアルウエアの売れ行きが良く、業績は好調。株価は2021年に入って、史上最高値を更新しています。

 一方、同じアパレル業界では2020年、大手レナウン(1902年創業)が倒産しました。ほかにも全国で中堅・中小アパレルの倒産が相次いでおり、ファーストリテイリングの好調さが際立っています。

 アパレルはファッション(流行)という言葉の通り、はやり廃りがあり、過去にはたびたび主役交代がありました。ところがファーストリテイリングは、1998(平成10)年に東京・原宿に出店、フリースブームで全国区になって以来、業界のリーダーの地位を20年以上保ち、強固なものにしています。

 今回は、ファーストリテイリングの成功がなぜ長続きしているのか、という点について考えてみましょう。

小売りの世界は栄枯盛衰

 東京の企業と思われがちなファーストリテイリングですが、1963(昭和38)年に山口県山口市で創業しました。低価格のカジュアルウエアの販売で地歩を固め、広島に進出。さらに、1984年に社長に就任した柳井正氏の強力なリーダーシップの下、東京、日本全国、世界へと市場を広げ、発展しています。

ファーストリテイリングが展開する「ユニクロ」のウェブサイト(画像:ファーストリテイリング)

 このようにファーストリテイリングは、1980年代からおおむね一貫して成長してきました。ただ、そのほかの多くのアパレル企業は、そのときの流行を捉えて急成長しても、勢いを維持することができず、短期間で失速します。

 アパレルだけではありません。家電量販店の業界首位は、1980年代から1996年までベスト電器、その後はコジマ、2002年からはヤマダ電機とたびたび入れ替わっています。総合小売りで1972年まで業界首位だった三越も、三越から首位を奪ったダイエーも、経営が行き詰まりました。

 製造業(メーカー)では、トヨタが自動車業界で戦後ずっとリーダーの地位を保っているように、業界内の序列が長期間安定しているケースが目立ちます。それに対し、アパレルを始め小売りの世界は、栄枯盛衰が激しいようです。

 なぜ、小売りの世界では栄枯盛衰が激しいのでしょうか。メーカーと違って小売業は消費者と直接向き合っているので、消費者の嗜好(しこう)・ライフスタイルの変化の影響を受けやすい、という面があります。

 ただ、小売業の側の経営にも栄枯盛衰の原因があります。ひとつは「過剰投資」です。流行を捉えた小売業の経営者は、流行がさらに続き、市場が広がると考え、店舗などに投資します。ところが、流行は長続きせず、市場が縮小し、結果的に過剰投資になってしまいます。

小売りの輪は回る


【ひと目でわかる】上場アパレルの1月売り上げ「8割超」が前年割れ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210311_economy_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_economy_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_economy_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_economy_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_economy_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210311_economy_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画