東京で発見された「ど根性ヒガンバナ」今年も無事咲いたと判明してネット歓喜「元気で良かった!」

2021年9月17日

ライフ
ULM編集部

あっと驚く衝撃の場面、感心させられる発見や豆知識、思わず涙を誘う感動の出来事……。SNS上では毎日、新鮮な話題がいくつも発信されています。そのなかから「東京」に関連するものを厳選してご紹介します。


日本各地で発見された「ど根性」シリーズ

 アスファルトを押しのけてスクスクと育ったダイコンが「ど根性大根」として一躍注目を集めたのは2005(平成17)年、兵庫県相生市の路上での出来事でした。

 ダイコンは「大ちゃん」との相性で親しまれ、パンやクッキー、絵本などの関連グッズが販売されるほどの人気者に。

 その後も、同じようにコンクリートの路面から生えるど根性スイカや、ど根性トマト、ど根性カボチャなど、さまざまな種類の「ど根性野菜」の報告が全国各地で相次ぎました。

 そして、東京都内で発見されたのは「ど根性ヒガンバナ」。街なかのコインパーキングの隅っこに咲いた、秋の訪れを感じさせる真っ赤な花の可憐な姿がツイッターで話題をさらっています。

「涙の数だけ強くなれそう」との声

 撮影したのは岡田将さん(@susumuokada)。実は1年前の2020年10月にこのヒガンバナを発見した際にもツイッターに画像を投稿し、14.7万件もの いいね が集まりました。

 今回、投稿した画像は2021年9月16日(木)に撮影したもの。

アスファルトを押しのけて真っ直ぐに咲く1輪のヒガンバナ(画像:岡田将さんのツイート)

「今年も元気に咲いてた」

というコメントを付けてアップしたところ、同17日15時時点ですでに5600件以上の いいね が寄せられました。

 投稿を見たフォロワーたちからは「こんな彼岸花、見たことない」という驚きの声のほか、歌手・岡本真夜さんの大ヒット曲『TOMORROW』の歌詞になぞらえて

「涙の数だけ強くなれそう」
「アスファルトを裂く花のように」

とその力強さをたたえる声、また、1年前の投稿を知っている人からも

「元気ですね! 良かったです!」

と、近況報告を歓迎する喜びの声が上がりました。

ヒガンバナに「本当にありがとう」


【画像】東京の「ど根性ヒガンバナ」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210917_higan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_higan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_higan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210917_higan_01-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画