【東京出身タレント名鑑】多才な女優・柴咲コウ(豊島区)が実業家としても成功できたワケ

多くの俳優やアーティスト、タレントたちを輩出してきた街・東京。そんな東京出身の有名人にスポットを当てて、その人柄や魅力に迫ります。今回紹介するのは、女優業だけでなく実業家としても活躍を見せる柴咲コウさんです。


ソメイヨシノ発祥の豊島区出身

 メディアのチャンネルが多様化した昨今。テレビドラマやCM、映画などといった従来の活動に加え、NetflixやHuluなどの動画配信サービスでのオリジナルドラマへ出演したり、YouTubeで私生活を紹介したりする俳優や女優は増えています。

 その中でも、実業家としても活動し、唯一無二な存在感を放つ女優といえば、柴咲コウさんではないでしょうか。

自身が代表を務める会社レトロワグラースを立ち上げるなど、実業家としても活躍の場を広げている女優・柴咲コウさん(画像:レトロワグラース)

 2020年にはテレビドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)で主演を務め、事故の影響で体は35歳だが心は10歳のままの成人女性、という難しい役を演じ切りました。同作は設定や演出が今までにない独自のものとしても注目され、柴咲さんの演技力は高く評価されました。

 ニュースサイト「exciteニュース」や「オリコンミュージックストア」などのサイトによると、1981(昭和56)年8月生まれの柴咲さんは豊島区出身。

 同区は東京23区の北西部に位置し、面積およそ13.01平方キロメートル、人口約28万7000人(2021年4月1日時点)。日本の国花であるサクラの代表品種ソメイヨシノの発祥地とされています。

 東京を代表する街のひとつ池袋のほか、「おばあちゃんの原宿」と紹介されることの多い巣鴨、さらには手塚治虫など日本を代表する漫画家が住んだトキワ荘のあった南長崎、そして学習院大学のある目白や雑司が谷など、極めて多彩な表情を持つ区です。

恋愛ドラマからアクション映画まで


【美しい】自身の思いを語る柴咲さん

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/04/210425_shibasaki_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画