東京は細くてカワイイ子ばかり? 37歳80kg女性が「素の自分」で婚活した結果【連載】東京・居場所さがし(11)

1400万人もの人が住んでいるのに、ほとんど交わることのない東京は「孤独」を感じやすい街といえるでしょう。たったひとり暮らす大都会で、どうすれば自分の居場所を見つけられるのか。漫画家でイラストレーターのいしいまきさんが「脱ひとりぼっち」の方法を模索します。


見た目に捉われ続けた10代

 東京の街を行く女性はみんな、かわいくておしゃれでスタイル抜群――。そんなイメージを持っている人も少なくないかもしれません。やせていることは本当に“正義”なのか。どうすれば自分に自信が持てるのか? ダイエット本のコミカライズ著書などを持つ漫画家でイラストレーターの いしいまき さんが、自身の体験に触れつつ「東京と美醜」について考えます。

※ ※ ※

 38歳、ダイエット26年選手。気づけば「ダイエット」という言葉に人生がからめとられて長い年月が経ちます。

 わたしが10代の頃は「やせている」ことこそ正義だという考えが同級生の間で蔓延していました。折しも時代はコギャルブーム。ミニスカ、ルーズソックスで東京の街を闊歩する女子高生たちが一番輝いている時代でした。

 わたしが学生時代を過ごした南日本の地方にもその影響は大きく、多くの女子(男子も)の関心事といえば自分の見た目。

 わたしは高校生のときぽっちゃりとしており、自分の見た目に自信がありませんでした。

 思春期に自分の見た目に自信がないということは、ほぼすべてのことに自信が持てないことと同義です。家族からも見た目を揶揄する言葉を投げかけられていました。

自信が欲しい。思い切って東京へ


【画像】「女性」の現在のようす(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210306_diet_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_diet_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_diet_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_diet_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210306_diet_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画