90年代最強だった「自由が丘」の自由じゃない現在

長らくハイソなイメージのある自由が丘ですが、近年はそうでもないようです。都内のエリア情報に詳しいルポライターの昼間たかしさんが解説します。


90年代の東京で最強だった

 自由が丘といえば、東京人だけでなく全国の人々に知られたセレブ地帯です。青山や原宿、吉祥寺とならぶ若い女性の好きな街の定番……だったのは1990年代末くらいまでのこと。今は次第に庶民化が進行しています。

自由が丘駅前の様子(画像:写真AC)

 全盛期の自由が丘の「地位」はとても高く、新宿や渋谷はもちろんのこと、青山や原宿よりも神々しさを放っていました。

「新宿や渋谷で遊ぶなんて考えられない。青山とかも人が多くてイヤ。だから本当にお金を持っているなら、自由が丘で遊ぶのがカッコイイ」

 90年代には、そのような言葉を実際に口にする人もいました。90年代といえば渋谷という地名自体が、最高におしゃれなブランドのように思われていました。その時代にあって、唯一渋谷を超えるのが自由が丘でした。「自由が丘のセレクトショップで~」と口にできるのは、バブル景気が終わってもなお余韻の中で生きている、限られた人たちだけだったのです。

 その時代、自由が丘に集まる若者の定番といえば、男はラルフ・ローレン。女はミス・アシダやマーガレット・ハウエルあたり。「こないだ銀座の英國屋でスーツを仕立てたよ」という会話も当たり前に交わされていました。

自由が丘の前は「自由ヶ丘」だった


【家賃ランキング】高い? 安い? 自由が丘の最新家賃事情

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/01/200108_jiyugaoka_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200108_jiyugaoka_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200108_jiyugaoka_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200108_jiyugaoka_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200108_jiyugaoka_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/01/200108_jiyugaoka_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画