都内私大の3割以上が「定員割れ」の衝撃 早慶上理・MARCHの入試難易度は今後どうなる?

先日、私立大学のほぼ半数で定員割れが起きていることがわかりました。その背景には一体何があるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


全国では半数近くで定員割れ

 読売新聞オンラインが9月28日(火)、私立大学のほぼ半数で定員割れが起きていると報じました。これは日本私立学校振興・共済事業団(千代田区富士見)が発表した「令和3年度 私立大学・短期大学等入学志願動向」に基づくものです。

 同団体は、1999(平成11)年から継続して私立大学・短期大学の入学者のデータを調査しており、本年度は23回目となります。

 全国的な傾向だけでなく、地域別、学部系統の動向や大学の規模ごとに調べてられているため、少子化やコロナ禍の影響を受けた大学や学部の傾向が鮮明に浮かびます。

 本年度の調査対象となった全国の私立大学597校のうち、入学定員充足率(入学者数 ÷ 入学定員)が100%未満の学校数は、全体の46.4%にあたる277校でした。2020年度は調査対象593校のうち184校(全体の31%)だったことを考えると、1年で急激に定員割れが進んだといえます。

都内私立大学の入学定員充足率は100.8%

 さて、私立大学が集中する東京都の数値をみると、調査対象となった都内私立大学は117校です。入学定員充足率は100.8%と100%を超えています。

 一見すると都内私立大学は定員割れと無関係のように思えますが、全体の33.4%にあたる39校で定員割れをしていることが明らかになっています。

 平均では100%を超している都内私立大学――しかしこれには深い理由があるのです。

新宿区戸塚町にある早稲田大学(画像:写真AC)

 大都市圏への若者流出を防ぐため、国は私立大学の定員厳格化を行っています。大規模大学の合格者数は募集人員の1.1倍、中規模以下の大学では1.2倍と定められ、各大学はこれを順守しています。

 東京都のデータを詳しくみると、入学定員充足率120%以上は5校となっています。順に、110%以上から120%未満は20校、100%以上から110%未満の大学は53校です。このように一部の大学に人気が集まったことで、平均値は押し上げられているのです。

早慶はさらに別格ポジションへ?


【画像】都内私大の「定員割れ」データ

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/09/210929_shidai_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画