親世代が想像するより、文字も文章も書きまくってる「イマドキ女子大生」の赤裸々な実態

「今の若者は文章を書かなくなった」と思っている人はいませんか? 意外や意外、彼らは日常的に文章を量産しています。舞台はSNS、それから「推し」へのファンレター。Z総研トレンド分析担当の道満綾香さんが解説します。


「若者の文章離れ」は本当か

「今の若者は文章を書かない」というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか?

 確かに昨今のコミュニケーションツールといえば、LINEのようなチャット形式のものが主流。リアルタイムでやり取りできるチャットはスピード感が重視されがちで、例えば「了解です」のひと言を、高校生や大学生などの若者が、文字入力の手間を省くために「りょ」とか「り」などと略すことが数年前に話題になりました。

デジタルネーティブと呼ばれる大学生・高校生たちも、実は日常的に「手書き」を活用しているって、ご存じでしたか?(画像:写真AC)

 このような短文でのやり取りを見るにつけ、前述のように「若者は文章を書けなくなった」と嘆く大人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

「文章の書き方」そして「媒体」が変化しているだけなのです。

実は「手紙好き」な若者たち

 デジタル文化が今ほど発達していなかった時代、文章はチャットでもWordでもなく、紙とペンで書くものでした。離れたところにいる相手とは、電話だけでなく手紙によるコミュニケーションもごく一般的に行われていました。

 手紙はもちろん2020年現在にも生きたコミュニケーションツールであり、実はZ世代(1996~2012年に生まれた若者たち)もかなり頻繁に活用しています。それは、日本で最先端のモノ・コト・情報に接する東京の若者たちもしかり。

 今の若者が手紙を活用する舞台は、ずばり「オタ活」。自分の好きな芸能人やYouTuberなどの有名人、アニメのキャラなど(いわゆる「推し」)への熱い思いを手紙にしたためているのです。

推しへの愛は、手書きで表現


【漫画】若者が手紙を書く心理を紹介した漫画を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200625_letter_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200625_letter_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200625_letter_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200625_letter_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200625_letter_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200625_letter_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画