防災の日に見るべきアニメ「東京マグニチュード8.0」 首都直下地震「今後30年で70%」の現実にどう備えるべきか

9月1日は防災の日です。昨今、南海トラフ地震や首都直下地震の発生が懸念されるなか、今回はテレビアニメ「東京マグニチュード8.0」を通してその現実を考えます。


「東京マグニチュード8.0」の舞台

 2009(平成21)年7月から9月までテレビアニメが放送された「東京マグニチュード8.0」(フジテレビ系列)。各話の冒頭には、「本作品は首都圏での巨大地震発生を想定し、膨大なリサーチと検証に基づいて制作されたフィクションです」と表示されます。

「東京マグニチュード8.0」(画像:(C)東京マグニチュード8.0製作委員会、角川エンタテインメント)

 震源は東京湾北部、震源の深さはおよそ25km、マグニチュードは8.0の大地震が発生した世界を生きる女子中学生が主人公の物語です。

 オープニング映像では崩壊した東京の数々の名所が描かれています。上野のアメヤ横丁では、建物が崩壊し、道がふさがれています。秋葉原の万世橋交差点の建物は半壊し、道路にがれきの山が築かれました。ほかにも数々の東京の名所が無残な姿で描かれているのです。

 物語は主人公の女子中学生・小野沢未来とその弟・悠貴がお台場へロボット展を訪れるところからはじまります。突如震度7の揺れが未来たちを襲い、ふたりは崩壊する建物から脱出。自宅のある世田谷区の三軒茶屋へ徒歩で目指します。道中でふたりは日下部真理という大人の女性と出会い、協力して三軒茶屋へ向かいますが、途中でレインボーブリッジが崩れ落ちたりと、数々の苦難に襲われます。

 第4話では東京タワーが根元から倒壊し、飛び落ちてくるがれきから未来を守るために、弟の悠貴は亡くなってしまいます。未来は無事両親との再会を果たしましたが、そこには悲しみが残るというストーリーで幕を下ろしました。

「東京マグニチュード8.0」のストーリーはあくまでフィクションですが、前述の通り、製作は膨大なリサーチと検証に基づいているとしています。

 では、もし実際に東京を巨大地震が襲った場合、町はどのようになるのでしょうか。

都心南部直下、マグニチュード7.3の地震


【貴重画像】1923年撮影、関東大震災直後の「銀座」

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/08/210830_magnitude_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画