誰でも一度は考える? 地下鉄「丸ノ内線」の地上区間はなぜ長いのか

東京の地下鉄は地下鉄とは名ばかりに、地上を走る姿も目立ちます。今回注目するのは丸ノ内線です。その理由について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


地下鉄は必ずしも地下だけを走っていない

 進学や就職を機に上京し、東京で新生活を始めた人はさまざまなことに戸惑います。あまりの人の多さに「今日はイベントでもあるのか」と勘違いしてしまうのは、もはや「あるあるネタ」といってもよいでしょう。

 そんな上京者がもっとも驚くものと言えば、複雑な鉄道路線ではないでしょうか。なにしろ東京の路線数は多く、ホームもいったい何番まであるのか……などなど。

 今でこそ道案内のスマートフォンアプリが懇切丁寧に教えてくれますが、昔は「本当にこの電車に乗って間違いないのか……」とドキドキしたものです。

 慣れるまで時間がかかるのは、都内を縦横無尽に走る地下鉄路線です。とりわけ上京者を混乱させるのは、地下鉄が必ずしも地下を走っていないということ。

 東京の地下鉄は東京メトロの9路線と都営地下鉄の4路線、あわせて計13路線。しかし、このうちすべての区間で地下を走っているのは南北線と半蔵門線(東京メトロ)。大江戸線と浅草線(都営地下鉄)の4路線だけで、地上部分も走る地下鉄のほうがむしろ多数なのです。

渋谷駅は特にわかりやすい

 中でも堂々と地上を走っているのが、東京メトロの銀座線と丸ノ内線です。

地上を走る丸ノ内線(画像:写真AC)

 銀座線の渋谷駅は地下鉄にもかかわらず、なぜか駅の3階に位置しています。地下を走っているはずが、「次は終点の渋谷です」というアナウンスに次いで見えてくるのは華やかな渋谷の街――。

 逆に渋谷駅から銀座線へ乗ろうと思ったとき、案内図に従って歩けば矢印は上へ。上京したばかりの人であれば「地下鉄なのになぜ?」と混乱必至です。

 とりわけ、銀座線の渋谷駅は2020年に新駅舎へとリニューアルされ、開放感のあるおしゃれなホームになりました。世界に知られる渋谷・銀座・浅草の3エリアをつなぐ路線ならではの都会感あふれるホームですが、知らない人が見たら地下鉄のホームとはわかりません。

丸ノ内線は「地上を走る地下鉄」の王者?


【画像】地上をいきいきと走る「丸ノ内線」(5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/02/210206_maru_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画