コロナ後に行きたい東京の「珍名祭り」と全国の奇祭 くらやみ、だらだら、べらぼう……?

コロナ禍で中止や規模縮小を余儀なくされている全国の「祭り」。あらためてその意義を考える機会にもなっています。東京をはじめ全国の祭りを訪ね歩いたノンフィクション作家の合田一道さんが、その一部をご紹介。コロナが収束したら、ぜひ一度見に行きたいものばかりです。


中止・縮小が相次ぐコロナ禍で

 新型コロナウイルス感染拡大により、東京はもちろん全国的にも2021年のゴールデンウイークは自粛が要請されています。長い歴史を持つ「祭り」の中にも、2020年に続いて中止や規模縮小を余儀なくされたものが数多くあります。

 日本の伝統文化の継承を危ぶむ声も上がる中、コロナが収束したらまた祭りに足を運びたいという願いを込めて、今回は東京をはじめ各地に伝わるさまざまな祭りを紹介しましょう。

※ ※ ※

 浅草神社(台東区浅草)の三社祭は、大神輿(みこし)を筆頭に氏子44か町から大小100基余りの神輿が出て、境内は大勢の見物客でごった返します。

 この「三社」の由来ですが、もとをたどると浅草寺には本尊の観音像のほかに、三社権現と称する神が安置されているからです。

 大昔、檜前(ひのくま)兄弟が浅草の浦で漁をしていると、網に仏像が掛かります。それを見た土師真中知(はじのまなかち)という者が「これぞ尊き観音像」と言い、浅草に一堂を設けて祭った、これが浅草寺の創立につながったのです。三社権現とは、この仏像に携わった3人を指すといいます。神仏混交を色濃く残す祭りです。

 ちょっと変わった名称の祭りもあります。

府中の夜の町を練り歩く祭り


【画像】全国の驚くべき「奇祭」(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210504_fes_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画