年間10億円を稼ぎ出す、八丈島ナゾの葉っぱ「ロべ」とは何か?

八丈島で100年間栽培されている「ロベ」という愛称の植物をご存じでしょうか? 年間の売上額はなんと約10億円にも上るという稼ぎ頭。その正体と島での歴について、紀行作家の斎藤潤さんが解説します。


八丈島ではそこここで見かける植物

 八丈島を訪れると、あちらでもこちらでもよく見かける、小ぶりで涼やかな葉のヤシがあります。

 道端にさりげなく生えていることもあれば、民家の庭先で群れていたり、大きな畑になっていることも珍しくありません。

 島ではあまりにもありふれた存在なので、旅行者は気づかずに終わってしまうこともあるくらいです。

 島人たちは、親しみを込めてこれを「ロベ」と呼びます。ヤシ科の植物で、正式にはフェニックス・ロベレニーといい、標準和名はシンノウヤシ。

 風が一陣通り過ぎると、羽状になった葉の上で光がキラキラとさざめきます。ソテツのようにバリッと頑丈そうではなく、この爽やかな風情が好まれるのでしょう。

 それでいて、キッパリとした深緑の艶やかな葉は、華麗な花々の引き立て役として欠かせません。花束の添え葉としてなくてはならない、花屋さんにあっては名脇役なのです。

 ところで、この葉っぱはどれくらい稼いでいるのでしょうか。

 ロベだけで、なんと年間10億円。人口8000人足らずの八丈島へロベがもたらす金額は、あくまで単純計算ですが4人家族なら一家に50万円ということになります。

 全国のシェアは、八丈島がほぼ100%といって過言ではありません。年間出荷本数は約5000万枚に及びます。

花束の名脇役、八丈島産は高品質


【画像】年間10億円 八丈島の「ロベ」を見る(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210113_robe_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210113_robe_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210113_robe_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210113_robe_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210113_robe_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画