世田谷・東京農大裏手の「石塔とT字路」から漂う、古き江戸の情景

屋外でも誰にも会わないような、静かな場所で散歩する、通称「三疎」散歩。その魅力について、フリーライターで、古道研究家の荻窪圭さんが解説します。


「三密」ならぬ、「三疎」散歩のすすめ

 結局4月は一度しか公共交通機関に乗らなかった、フリーライターで、古道研究家の荻窪圭です。そんなわけで、年末にできなかった大掃除をしています。

 もちろん家で終日じっとしてるわけではなく、ときどき買い物ついでに近所を散歩しているわけです。開かれた屋外で、ひとりで誰にも会わないような散歩。「三密」の真逆なので、「三疎」とでもいえばいいでしょうか。

 特に私が好む場所は歩いている人がもともとまばらで、実はそういう場所こそ多くの発見があって面白いのですね。

 今回は、そんなご近所「三疎散歩」のすすめです。

「不自然な道筋」を見つけたときの喜び

 以前、古道や神社や城祉や野仏や、そんな歴史の名残を探しながらいろんなところを歩いて気づいたのです、「どこを歩いても何かしら歴史の痕跡が残っていて面白い!」ということに。それも「一見、何でも無い場所」の方が面白いのです。

 私は個人的に「道」が好きなので、道を意識して歩きます。

古い道沿いに残る庚申塔。道しるべを兼ねている(画像:荻窪圭)

 するときれいに碁盤目に区切られた近代の区画の中に、1本だけゆるくカーブしている不自然な道筋が見つかることがあります。そこで古地図に当たると、昔からの道を残したまま周りを区画整理したので不自然になったことがわかるんですね。

 そういう古い道筋には昔からの農家が残ってたり、小さな稲荷がこつぜんと現れたり、時には江戸時代の道しるべやお地蔵さまが残ってたりするのでたまりません。

突然丁字路に現れた庚申塔


【地図】東農大の場所には何があった? 昭和初期の地図を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200512_sanpo_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画