『鬼滅』よりすごかった? 新宿を包んだ90年代「エヴァ」の衝撃、誰もが批評家だった当時を振り返る

来る1月23日に公開される『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。同シリーズの歴史などについて、フリーライターの出島造さんが解説します。


前作から9年後に公開される第4作

 今回も、前夜から集まるファンの姿は見られるのか――『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』4部作の第4作『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が2021年1月23日(土)、公開されます。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』劇場用ポスター(画像:錦織敦史、カラー、Project Eva.、EVA製作委員会)

 1995(平成7)年のテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に始まり、新劇場版はこれまで次のタイミングで公開されてきました。

・第1作:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年9月1日)
・第2作:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年6月27日)
・第3作:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年11月17日)

 これを見るに、前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から、もう9年もたっていることがわかります。

 ようやく完結を迎える第4作は「待ちに待った」というより「そろそろ決着を付けてほしい」というファンが多いのではないでしょうか。考えてみれば20年以上、人生の膨大な時間をエヴァンゲリオンについて考えさせられているわけです。

「綾波か、アスカか」に始まり(ミサトさん派閥、マヤ派閥もありました)、さまざまな謎について考察してきたのです。「自分の二十数年間はなんだったのか」と、どうしても考えてしまいがちです。また2020年になって、「セカンドインパクト」のような終末が来ないことを体感させられ、一種の絶望感すら漂います。などと考えながら、「3密」を避けつつ公開初日に映画館へ足を運ぶのが人情というものでしょうか。

 当時の盛り上がりは『鬼滅の刃』をはるかにしのいでいました。『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』の公開初日である1997年3月15日、映画館には人が殺到しました。庵野秀明監督が公開直前にパジャマのような格好で記者会見し、完結が夏になることを宣言していたにもかかわらず……

主題歌CDの売り上げから集まった注目


【画像】ふりかけからネクタイまで! エヴァ「最新コラボグッズ」を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/01/210106_eva_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画