「紅白歌合戦 = NHKホール」は間違い? 実は会場を転々とした歴史があった

毎年NHKホールで開催される年末恒例の『紅白歌合戦』。実はかつてはさまざまな場所で開催されていたことをご存じでしょうか。ライターの橘真一さんが解説します。


来年の『紅白歌合戦』はNHKホールで開催せず

 本日夜、大みそかの風物詩であるNHK『紅白歌合戦(以下『紅白』)』が放送されます。

 第71回となる今回は、活動休止を前にした嵐のほか、SixTONES、NiziU、瑛人、YOASOBI らの初出場、顔を公開したことがないGReeeeNの特別枠での登場など、話題を集めそうな目玉がいくつか用意されています。

 そんな『紅白』は毎年、NHKホール(渋谷区神南)で行われていますが、2021年は東京国際フォーラム(千代田区丸の内)が舞台となることをご存じでしょうか? 理由は、NHKホールが耐震工事のため2021年3月から2022年6月まで休館を予定しているからです。

紅白歌合戦が開催される渋谷区神南のNHKホール(画像:写真AC)

 しかし、『紅白』がNHKホール以外で行われるのは初めてではありません。むしろ当初は会場が一定ではなく、都内のいろいろな会場を転々としていたのです。

かつては歌舞伎町でも開催

『紅白』がスタートしたのは、終戦から6年目の1951(昭和26)年のことです。

 現在も『紅白』はテレビとラジオで同時放送されますが、この第1回はラジオのみ。放送は大みそかでなく1月3日の夜で、会場は当時、千代田区内幸町にあったNHK東京放送会館でした。

かつてNHK東京放送会館があった場所(画像:(C)Google)

 同じ会場で、ラジオの正月番組として放送されていたのは第3回まで。第4回からは、大みそかに移り、テレビ放送が始まります。

 会場は、現在の有楽町センタービル(有楽町マリオン、千代田区有楽町)が建っている場所にあった旧・日本劇場(通称 = 日劇)です。当時は都内にコンサート会場自体が少なく、日劇はエンターテインメントの拠点ともいえる存在でした(第11回も開催)。

開催回数の第2位は東京宝塚劇場


【年末年始の過ごし方】『紅白歌合戦』を見る人、何%いる?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_kohaku_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画