ネットで炎上「ブステレビ」 問題の本質はどこにある?――今こそ「ブス = ダメ」の図式を疑うときだ

先日ネットで大きな話題となった「ブステレビ」への批判。それについてライターの秋山悠紀さんが「ルッキズム」の本質を通して持論を展開します。


そもそも「ブス」とは何か?

 インターネットテレビのAbemaTV「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(以下、「ブステレビ」)で2019年9月9日(月)、「ブスはいくらで脱いじゃうのか?」という企画を放送しました。同番組の出演者6人に対して、雑誌編集者に扮する人物が「面白すぎる素人特集」というニセ取材を敢行し、「雑誌内で考えている『働く女性のヌード特集』でヌードになってもらう場合、ギャラはいくら?」と質問。彼女たちが希望する金額を提示するかを追った内容でした。

 この企画が放送されるや否や、ネット上では批判が殺到。番組を視聴したことがない人からも、「女性蔑視とルッキズム(容姿によって人を判断すること)を助長している」「女性の容姿をバカにするお笑いなんてもういらない」と番組そのものにも怒りが寄せられる事態にまで及んでいます。しかし、怒る前にもう少し立ち止まって考えてほしいことがあります。

容姿に関するイメージ(画像:写真AC)

 そもそも「ブステレビ」は、芸人や一般素人の女性たちが「ブス」として出演しています。女優やアイドルのような、一般的に「美人」と評されるような容姿ではない「ブス」という存在にスポットを当て、出演者の経験したエピソードやさまざまな検証を通して、言葉だけがひとり歩きしている「ブス」という概念そのものを疑い、掘り起こしていく番組だと、番組スタート時から視聴している私は捉えています。

 そして批判を浴びている企画は、「ブスは『ヌードになりませんか?』とオファーを受けたらいくらで脱いでしまうのか」というもの。放送ではまず、栄養士の山田ゆきさんは「あまり高い金額だと『このブスが』って思われちゃう」と遠慮し、「1か月分の給料(20万円)くらい」と回答。舞台を中心に活動する女優の河合あゆこさんは、「顔が写らなければ全然OKだけど顔を出すなら30万」と金額を提示しました。

 さらにキャバクラ店員の大越美咲さんは、「そういう機会があったら金額に関係なくやってみたい」と意欲を見せて0円としていました。そのほかにも、お笑い芸人のだいどぅさんは「大事なところは出したくない」との理由で200万円、同じくお笑い芸人のアイドル鳥越さんは「基準がわからないけど貧乏だから3万円でも嬉しい!」と喜びます。

宇佐さんはなぜ「1億円」と金額を提示したのか


【アンケート結果】容姿に自信がなくてもモテる? 5人以上の女性から告白された経験のあるモテ男の半数以上が、意外にも「自分の容姿に自信がない」と回答していた!

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/09/190913_busu_04-150x150.jpg

New Article

新着記事