東急電鉄「武蔵新田」駅、なぜ「しんでん」ではなく「にった」なのか

東急多摩川線「武蔵新田駅」は一見すると「むさししんでん」と読んでしまいそうですが、正しい読みは「むさしにった」です。いったいなぜでしょうか。フリーライターで古道研究家の荻窪圭さんが解説します。


「新田」の謎

 東急多摩川線「武蔵新田駅」。これ、ずっと「むさししんでん」駅だと思っていたのですよ。場所も多摩川沿いの低地の、いかにも水田がメインでしたって場所ですし、普通は「むさししんでん」って読むと思います……よね。

 でも正解は「むさしにった」。予備知識ないと無理だと思いません?

 なぜ「にった」かというと、近くに「新田(にった)神社」(大田区矢口)があるからです。

「むさしにった」とかなで書かれたアーチ。武蔵新田駅から新田神社へ続く商店街(画像:荻窪圭)

 武蔵新田駅を出て多摩川方面に向かう商店街を歩くと「むさしにった」とひらがなで書かれたアーチが出迎えてくれます。

祭神「新田義興」にまつわるさまざまな話

 商店街をしばらく歩くと、やがて右手に新田神社が現れます。

新田神社の拝殿。コスプレをしてる人の姿もたまに見かける(画像:荻窪圭)

 新田神社の祭神は「新田義興(よしおき)」。鎌倉時代末期から南北朝期の武将ですね。新田と言えば鎌倉幕府を倒し、のちに後醍醐天皇側(南朝)について足利尊氏勢(北朝)と戦って敗れた新田義貞が有名ですが、新田義興はその次男。

 一時期鎌倉を奪還するなどけっこう活躍しており、北朝勢、つまり室町幕府側にとって厄介な人物だったのです。

 その新田義貞が謀略によって最後を迎えたのが新田神社のあたり。当時の軍記物語「太平記」にその模様がすごく詳しく描かれてます。

 詳細に書くと長くなってしまうのですが、その謀略で死んだ武将の恨みはらさでおくべきか、的なところがキモなのでちょっと紹介です。

 越後へ逃れていた新田義興は上野国や武蔵国からの要請に従って北陸から東国入りをします。東国は鎌倉府が治めていましたが、義興が軍勢を連れて鎌倉を攻めに来ると困るわけでなんとかしたいけど、義興がなかなか尻尾をつかませてくれない。

 そこで鎌倉府の重臣、畠山氏の命を受けた竹沢右京亮(たけざわ うきょうのすけ)や江戸遠江守(えど とおとうみのかみ)、江戸下野守(えど しもつけのかみ)らが大掛かりな芝居をし、新田義興の味方になったフリをしてだまくらかすことになんとか成功します。

怨霊となった義興


【地図】記事登場スポットを先にチェックする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201228_musashi_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画