ありがとう「としまえん」 閉園検討の今こそ、振り返るべき歴史がある

このほど閉園することが発表された遊園地「としまえん」。その知られざる歴史について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


埼玉県民も頻繁に利用する遊園地

 池袋駅から西武鉄道池袋線の電車に乗ること、約10分で練馬駅に到着します。練馬駅から分岐する豊島線(としません)は、練馬駅と豊島園駅の約1kmをつなぐ短い路線です。

 池袋駅から豊島園駅に直通する電車もあるため、遊園地「としまえん」(練馬区向山)は都心からのアクセスもよく、都民はもとより埼玉県民も頻繁に利用する遊園地として親しまれてきました。

としまえんにある日本最古のメリーゴーラウンド「カルーセルエルドラド」(画像:写真AC)

 練馬区にありながら“としま”えんを名乗っていますが、これはとしまえん一帯が豊島郡に属していた過去に由来しています。

当初は鉄道会社運営ではなかった

 子どもたちを魅了したとしまえんですが、このほど閉園することが発表されました。閉園後、遊園地跡地の一部はアメリカのエンターテインメント企業であるワーナーブラザーズが取得し、世界的に人気のあるファンタジー小説『ハリー・ポッター』の世界を再現したテーマパークが新たに再整備されることが予定されているようです。

 西武グループによって運営されてきた、としまえん。そのため、鉄道会社が遊園地へ出掛ける需要を生み出すために開園したと思われがちです。

豊島園駅の西武鉄道(画像:写真AC)

 郊外に遊園地をつくり、鉄道の利用者を増やすという私鉄のビジネスモデルは大阪を地盤とする阪急電鉄の創業者・小林一三が編み出したといわれています。西武グループであるとしまえんも、西武鉄道の乗客を掘り起こしという面があることは否めません。

 しかし、としまえんは大正期に起こった田園都市ブームに倣った遊園地として開設されています。当初のとしまえんは鉄道会社による運営ではなく、実業家が個人で興した事業だったのです。

遊園というより公園に近かった豊島園


【地図】いまさら聞けない? 遊園地「としまえん」の場所を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/02/200203_toshima_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画