大掃除シーズン到来! ガラスクリーナー特需のライバルはSNS、ユニーク製品も

2018年12月24日

ライフ
ULM編集部

大掃除に欠かせないガラスクリーナー。いったいどのような製品があるのでしょうか。


実施はやはり12月28日~30日に集中

 2018年も残りわずか。今年もあっという間の1年でしたね。そんな1年を締めくくるイベントといえば大掃除です。

 ダスキン(大阪市)がこのたび発表した「2018年末大掃除 実施意向調査」によると、年末に大掃除をする人は74.1%に上るといいます。

大掃除の実施予定に関するグラフ(画像:ダスキン)

 肝心の実施日は12月28日(金)から30日(日)までの期間にもっとも集中しており、皆さんただでさえ忙しい年末の中、バタバタしながら大掃除に取り組んでいることが分かります。

2018年の大掃除の実施予定日に関するグラフ(画像:マクロミル)

 大掃除に必須なものといえば、掃除用具や洗濯用品。インターネットを使った市場調査大手のインテージ(千代田区神田練塀町)が2017年12月に発表した調査よると、12月のガラスクリーナー(スプレー/液体タイプのガラス用洗剤)の販売額は、1月から11月の平均と比べて、なんと645%に上るとのこと。その数値からも、いかに大掃除シーズンに消費が集中しているかが分かります。

12月に販売額が伸びる掃除関連製品のグラフ(画像:インテージ)

 ガラスクリーナー自体の市場は「各メーカーから新製品が出ず、新しい消費者を取り込めていないことや、SNSの発達で洗剤以外の掃除方法が知られるようになった」(インテージ)ため、年々縮小傾向(2014年度比82%)にあります。しかし、12月に集中という構図は今後も変わらないといいます。

スクイージー併用も効果的

 そんななか、洗剤メーカー大手の花王(中央区日本橋茅場町)がコンシューマ向けに唯一展開する「ガラスマジックリン」(400ml)は、前身の「液体ガラスマイペット」時代から、約40年間に販売されているロングセラーです。洗剤液を垂れにくくするなどして、「市場ほど(販売額を)落とさず、シェアはアップしている」(同社製品広報部)とのこと。

「ガラスマジックリン」(400ml)の製品イメージ(画像:花王)

 また同社は、スクイージー(余分な水気を取り去るゴムローラー)を使ったガラス窓の掃除をホームページ上で提案するなどして、シェアの拡大を図っています。

「大きな面積を占める窓のくすみがなくなってピカピカになると、部屋全体が明るくキレイな印象になります。年末時期だけでなく、夏時期のお掃除もおすすめしています」(同)。

ロフトで人気のユニーク製品4選


この記事の画像をまとめてみる

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_02-150x150.png
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2018/12/181221_glass_08-150x150.jpg

New Article

新着記事