【NiziU考・後編】選考基準には「人柄」も 女子9人組NiziUは、誰の目を意識して「仲良しグループ」に徹するのか?

2020年に大躍進を遂げたガールズグループNiziU。彼女たちの特徴のひとつは、「メンバー同士の仲の良さ」。こうした振る舞いは、どのような意味を持っているのでしょうか。帝京大学講師の田島悠来さんが現代の若者の価値観を踏まえつつ解説します。


「トップダウン式」選考への回帰?

 近年、アイドル界では、ファン参加による「ボトムアップ式」のオーディションコンテンツが活況を呈していました。詳しくは、2020年12月20日(日)に配信した前編記事(「NiziU爆発的ヒットに見る『オーディション番組』攻防の50年史」)で説述した通りです。

 しかし、それによって諸問題が発生したこともあります。例えば、アイドルや運営に対するファンの過剰な接触や介入をコントロールできなくなってしまったり、逆に「ファンがつくる」をうたっているにもかかわらず実情は運営側で過度にコントロールされていたり、といった具合にです。

 そうしたこともあってか、2020年に飛躍を遂げたガールズグループNiziUを生み出した「Nizi Project」では、かつて主流をなしていたプロデューサー主導のトップダウン式に回帰しているように見える部分があります。

 韓国最大手の芸能事務所のひとつJYP ENTERTAINMENT(以下JYP)の創始者であり、自身も歌手として活動するJ.Y.Parkことパク・ジニョンは、プロデューサーとして、オーディション過程でメンバーに直接技術的な指導や助言をしたり、熱心かつ頻繁にひとりひとりにコメントを投げかけたりと、コンテンツ内で存在感を示しています。

 プロデューサーが前景化しているという意味において、90年代の日本のオーディション番組『ASAYAN』(テレビ東京系)の焼き直しのように見えなくもないですが、「Nizi Project」がこうした従来のコンテンツと異なるのは、その評価方法にあります。

 NiziUメンバー同士の関係性について考える際にも、この評価のなされ方がひとつポイントになってきます。

「Nizi Project」では、メンバーを決める際に「ダンス・歌・スター性・人柄」という四つの基準を設け、ミッションごとに高い水準に達しているとみなされた項目のキューブ(それぞれイエロー・グリーン・レッド・ブルーという異なる色のパーツ)がメンバーに与えられ、四つがすべてそろっていることがデビュー(または次の段階へ行くため)の条件として提示されていました。

 プロジェクト名にあやかってキューブが虹色に輝くとデビューが決まると読めます。ここで独特さが際立つのは、「スター性」と「人柄」という項目です。

メンバーたちが強調する「仲の良さ」


【画像】渋谷をジャックしたNiziU

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/12/201219_niziu2_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画