「どこを探しても見つからないの……」 1匹の野良猫がいなくなり、彼女が激しく動揺したワケ

家から駅までの通勤路で、毎日のように見かける茶トラの猫がいました。雨の季節にも、酷暑の夏も。深まる秋のある日、その猫はこつ然と姿を消してしまいました。いなくなって初めて、気が付いたこととは何だったのでしょう。東京キャットガーディアン代表の山本葉子さんが、ある女性と猫とのエピソードを紹介します。


路地で出会った丸顔の茶トラ

 東京。寒さが緩んで、いろいろな作業が軽くなる感じがしてきた2月の終わり。

 小さな広告代理店に勤めている彼女の仕事は、撮影用の小物をそろえたり配置を考えたるすること。それと雑用もたくさん。

 入社してまだそれほど多くの仕事はしていないけど、マテリアルの組み合わせにはちょっと自信がある。

 ある日の通勤途中、家から駅までの住宅街の路地に猫がいるのに気が付きました。

 焼いたパンのような香ばしい黄色。茶トラって言うんだっけ。まあるい顔で愛嬌がある。かわいいな。

 横目に見ながら会社に急ぎます。動物は好きだけど今まで一緒に暮らしたこともなく、テレビなどで猫の映像が流れると「きゃー♪」と思うくらい。

 それからけっこう頻繁にその猫を見かけるようになりました。

 と言うより、そこに今日もいるかも知れないと、彼女の方が目で探すようになっていました。

 大体いつも路地に張り付くように駐車している車のそばで、寝そべっていたり日向ぼっこのように見えたり。たまに何かで遊んでいるような様子だったり。

 見慣れてくると「なんとなく茶トラ」だったその子は、お腹のあたりが白いんだなと気がついたり、耳の片っぽが裂けてるように見えたり、しっぽが中途半端な長さだなと思ったり。

少しずつ縮まる距離


【画像】筆者が保護した茶トラの猫たち(3枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201128_catcat_04-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201128_catcat_05-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201128_catcat_06-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201128_catcat_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201128_catcat_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201128_catcat_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画