昭和の大作詞家・阿久悠の描いた世界観が「コロナ禍の東京」と酷似している理由

昭和を代表する数々のヒット曲を生み出した作詞家・阿久悠氏。彼の作品をたどると、「上京」よりもむしろ「離京」を描いたものが多いことに気づきます。そこに込められた思いとはどのようなものだったのか。法政大学大学院政策創造研究科教授の増淵敏之さんが足跡を追いました。


生涯に書いた作品は5000曲

 2021年3月に兵庫県洲本市でセミナーをやることになり、下調べをしていくうちに作詞家、阿久悠の故郷だったという事実に気がつきました。最近はコロナ禍のなかで地方の仕事が増えていて、地域振興や観光振興のお手伝いをすることが多くなりました。

 阿久悠はご存じのように昭和歌謡を代表する作詞家で、生涯に書いた曲は5000曲。代表作には「北の宿から」(都はるみ)、「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)、「UFO」(ピンク・レディー)、「ロマンス」(岩崎宏美)、「勝手にしやがれ」(沢田研二)、「ジョニィへの伝言」(ペドロ&カプリシャス)、「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)、「雨の慕情」(八代亜紀)など枚挙に暇がありません。

 レコード大賞受賞曲を5曲も手掛け、シングルの売り上げは2015年時点で7000万枚近くを誇っています。また小説家としても代表作『瀬戸内少年野球団』などで直木賞に3回もノミネートされています。

 さて阪神淡路大震災から2021年の1月17日で26年になりました。淡路島も復興が進み、瀬戸内海のリゾートとして近年、脚光を浴びていますが、それでも人口減少に直面しています。震災前の1990(平成2)年、淡路島の人口は16万6218人でしたが、2021年1月1日の人口は13万2357人とおよそ2割も減少しました。

 兵庫県が発表した2019年12月1日時点の推計人口で、洲本市の人口が(4万1596人)淡路市(4万1630人)を 34人下回り、洲本市と淡路市の人口順位が逆転しましす。

 島内3市のうち残る南あわじ市は4万4000人台を保っており、淡路島の中心都市だった洲本市は3市のなかで最少人口になってしまいました。洲本市の人口は1950(昭和25)年には6万8414 人でしたので、着実に過疎化が進んでいるとみていいでしょう。

阿久悠と東京との距離感


【意外?】アニメ・特撮の楽曲も多数手がけた阿久悠氏

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210315_akuyu_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210315_akuyu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210315_akuyu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210315_akuyu_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画