東京は、きらびやかな街ではない――薄暗い路地裏に宿る「街の本質」【連載】記憶の路上を歩く(3)

新しいビルが次々と建ち、毎日のように更新されていく街、東京。どのエリアもどの駅前も小ぎれいに洗練されていくことは、果たして幸せなことなのでしょうか。中央線沿いで生まれ、育った編集者の影山裕樹さんが、街本来の姿を訪ねて歩きます。


若者を引き付けた「中央線文化」とは

 先日、生まれ育った中野(中野区)のまちをぶらぶらしましたが(2020年8月4日配信「記憶の路上を歩く」(1))、今度は中央線沿線を思い出しながら歩いてみます。中野に住みながら、中学高校が吉祥寺(武蔵野市)だったので、90年代半ば~末は登下校に寄り道するのは当たり前、どっぷりと「中央線文化」というものに浸ってきました。

中野駅北口サンモール脇の飲食店街(画像:影山裕樹)

 当時は高円寺(杉並区)などに代表される古着ブームと裏原ブームが重なり合う時期で、いまもそうですが古着屋がたくさんあった。また北口には「高円寺文庫センター」という、今で言うセレクト書店のようなお店がありました。

 しかし僕(影山裕樹。編集者、千十一編集室代表)個人としては、その近くにあった「Auviss(オービス)」というレンタルビデオ店のほうが通う頻度としては高かったです。

 VHSをレンタルして家で映画見る体験をしている人って、今の若い人には少ないのかもしれませんが、このAuvissはレンタルビデオがまだまだ主流だった時代に、ジャン・リュック・ゴダールからジャック・リヴェットまで、ヌーヴェル・ヴァーグの作品や、R指定のミニシアター映画などなど、TSUTAYAには置いてないマニアックなビデオが所狭しと並んでいました。

 他にも、2000年代に存在した、神保町の「ジャニス」を小さくしたようなレンタルCDショップ「SMALL MUSIC」もカルチャーに貪欲な貧困学生にはありがたい存在だったと思います。

 もしかしたら、音楽、映画、アート、古着などなど、それぞれに関心のある層ごとに、多面的に中央線文化というものは存在するのでしょうが、僕自身の実感としては、お金がなくても、買わなくても眺めているだけで文化を享受できる、そんなまちという印象が強いです。

文化を感じ、対話が生まれた場所


【画像】なぜか落ち着く、東京の「裏路地」(計5枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_05-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_08-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_03-150x150.jpeg
/wp-content/uploads/2020/11/201120_chuoline_04-150x150.jpeg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画