新大久保で乗った韓国女性「一度死んだ」と話す彼女が、どうにか生き返れた話【連載】東京タクシー雑記録(10)

タクシーの車内で乗客がつぶやく問わず語りは、まさに喜怒哀楽の人間模様。フリーライター、タクシー運転手の顔を持つ橋本英男さんが、乗客から聞いた奇妙きてれつな話の数々を紹介します。


新大久保駅の転落事故から20年

 フリーライターをやりながら東京でタクシーのハンドルを握り、はや幾年。小さな空間で語られる乗客たちの問わず語りは、時に聞き手の想像を絶します。自慢話に嘆き節、ぼやき節、過去の告白、ささやかな幸せまで、まさに喜怒哀楽の人間模様。

さまざまな客を乗せて走る東京のタクシーのイメージ(画像:写真AC)

 今日はどんな舞台が待っているのか。運転席に乗り込み、さあ、発車オーライ。

※ ※ ※

 乗り逃げの詐欺にやられ、ショゲながらハンドルを回していると、知らぬ間に車は新宿・大久保通りのJR山手線新大久保駅あたりを走っています。

 この駅は2001(平成3)年にプラットホームから男性客が線路に転落して、それを救助しようとしたふたりも電車事故に巻き込まれて亡くなった場所です。

 そのひとりが韓国人留学生の李秀賢(イ スヒョン)さん、将来のある26歳でした。

 私もその事故があった1月26日19時過ぎに偶然この近くにいたことを思い出します。現場は長い時間、救急車や警察車両、消防車が何台も止まっていて大混乱でした。

おしゃべりな中年女性が乗ってきた


【東京の外国人】総数は約54万人、韓国人は何人?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210528_taxi_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_taxi_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_taxi_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_taxi_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_taxi_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210528_taxi_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画