嘘が多い、冷たい、星が見えない……「東京」のイメージを優しく否定するBUMP OF CHICKENの歌詞の力

20年以上にわたり精力的な活動を続けるロックバンドBUMP OF CHICKEN。彼らの楽曲の中で「東京」を歌った作品からは、ほかにない温かさや懐かしさを感じ取ることができます。日本が誇るロックバンドが見つめる「東京」の姿を、音楽ライターの松本侃士さんが解説します。


人気バンドが「東京」に向ける視点

 20年以上にわたり、日本の音楽シーンを牽引(けんいん)し続けるロックバンドBUMP OF CHICKEN。自分の人生を彩り、照らし、そして救ってくれるバンドとして、彼ら4人の名を挙げる人は世代を超えて非常に多いです。

 フロントマン藤原基央(もとお)の紡ぐ言葉が描き出す世界は、日々の生活における半径1mの等身大のものから、広大な宇宙規模のものまで、まさに大小さまざま。

 しかし、ほとんどの楽曲に共通する特徴として、抽象度の高い言葉がメインで用いられており、特定の地名や固有名詞が歌詞の中に登場することはほとんどありません。

音楽専門チャンネルスペースシャワーTVで2020年10~11月に特集が組まれるなど、長い人気を誇るバンドBUMP OF CHICKEN(画像:スペースシャワーネットワーク、トイズファクトリー)

 そんな中でも、BUMP OF CHICKENが明確に「東京」を歌った楽曲があります。それが、2007(平成19)年に発表されたシングル曲『花の名』のカップリング曲である『東京賛歌』です。

 藤原基央は、「東京」という街をどのような観点から見据え、そして、どのようなメッセージをこの楽曲に込めたのでしょうか。

<空と地面がある街だよ
育った街とどう違うだろう>

 ここで引用したのは、この楽曲の冒頭の歌詞です。

 ひとつずつ歌詞を紐解いていくと、『東京賛歌』は全編を通して、地方出身者にとっての「故郷」と、夢や希望を追いかけて辿り着いた「東京」を対比していることが分かります。

「東京」に寄り添い、肯定する力


【知ってる?】BUMPが主題歌 「東京」を描いた大ヒット映画

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/05/210502_bump_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210502_bump_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210502_bump_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/05/210502_bump_02-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画