西多摩に3階建ての建物が? かつて存在した首都圏「第3の空港」計画とは

羽田空港と成田空港の需要逼迫で注目される「第3の空港」の建設。その歴史について、ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


飛行機が都心上空を飛行するように

 2020年4月から、羽田空港(大田区羽田空港)を利用する飛行機の新ルート運用が始まりました。

羽田空港を離陸する飛行機(画像:写真AC)

 新ルートは国際線増便に対応するためで、南風が吹くときに限って従来の東京湾上空とは別に、都心上空を飛行するというものです。

 ただ新型コロナウイルスの影響で国際線の本数そのものが減少したこともあり、現在はさほど活発に使われていません。

 初利用は南風の吹いた4月3日(金)となりました。この日は15時15分から約2時間40分の間に、着陸が68便、出発が36便使われました。

騒音に対する苦情の声も

 さて羽田空港の国際便増加へ対応するために導入された新ルートですが、人口の多い都心上空を通過することもあり、懸念の声も上がっています。

 事故の可能性がゼロではないこともその理由ですが、もっとも危惧されているのは騒音です。飛行ルート周辺の地域では、運用前に行われたテスト飛行の際から騒音に対する苦情が絶えませんでした。

地上近くを飛ぶ飛行機(画像:写真AC)

 とりわけ騒音が問題視されているのは、南風時の着陸ルートです。運行時間帯は15~19時のうち、3時間程度と限定されていますが、現在、1時間あたり14~30回の飛行が想定されています。

 飛行機の高度は新宿付近で約915m、渋谷付近では610mです。実際はこれより少し高い高度で飛行していますが、騒音は63~70dB程度。だいたい、窓の近くで電話のベルの音が鳴る程度の大きさです。

 前述の通り、現在は新型コロナウイルス感染拡大で運航本数が激減しているため、あまり問題になっていませんが、運行本数が回復したら再び議論が高まりそうです。

浮かんでは消えた「第3の空港」案


【地図】首都圏第3空港の「候補地」提案の一覧を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200516_airport_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画