公園に堕ちていた「茶色の天使」の正体は?? 生後1か月で拾われた子猫の4年後を描いた漫画「今や堕天使……いえ、カワイイひとり娘です」

ゆるかわいい猫の絵が人気の漫画家・佐久間薫さんが、3匹の飼い猫と夫との騒々しい日常を描きます。


このかわいさには抗えない。

 佐久間薫さんは、東京23区の北西エリアに住む漫画家です。夫と猫3匹との気ままな暮らしを紹介するアーバンライフ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「白丸との出会い」です。

佐久間さんと茶丸との出会いを描いた漫画のカット(佐久間さん制作)

――佐久間さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 茶丸を保護したときの経緯を知っていただきたく、描いてみました。

――3匹のなかの末っ子、茶丸はわずか生後1か月ぐらいで出会ったのですね。小さかったのでしょうね。

 片手で乗るくらい小さかったですね。

――生後1か月の子猫、ネットの画像などでしか見たことありません。さぞやかわいいんでしょうね~!

 この頃の子猫は驚異的なかわゆさですね!! キトンブルーといって瞳全体がブルーだし、毛はふわふわ、しっぽはネズミみたいで……たまりません(笑)。

――すでに黒丸と白丸を育て上げた佐久間さんご夫妻も、生後1か月の茶丸のお世話は戸惑いもあったのでしょうか。

 黒丸・白丸とはまったく違いましたね。彼らは自然にカリカリを食べて、トイレを教えれば自分で排泄できました。でも茶丸はミルクから離乳食(これも大変!)、排泄など自分ではできないので、かなり手がかかりました。

――オス猫2匹の佐久間家へやってきた紅一点の茶丸。メスならではのおてんばぶりとか、ほかの2匹との違いはあるのでしょうか。

 メスならでは、かどうかは分かりませんが謎めいたところはあります。何考えてるのか分からない……。

――3匹それぞれがまったく個性を持っているところが素敵です。「3度あることは4度ある」なんてことはありそうですか……?

 すでに実際にあって、マックス5匹でした(笑)。

――茶丸を見つけてくれた甥っ子くんにひと言お願いします。

 まだひとりでごはんを食べられない茶丸は、あのままだと生きていくのは難しかったと思います。カラスに狙われることも多いそうです。どうもありがとう。あなたのやさしさに感謝します。

――漫画の読者にひと言お願いします。

 こんな茶丸ですがよろしくお願いします☆


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/11/191129_cha_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_cha_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_cha_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_cha_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/11/191129_cha_05-150x150.jpg

New Article

新着記事