埼玉県民と同じくらい、都民が「埼玉知事選」に関心を持つべきだった理由

8月25日に投開票された埼玉県知事選挙は、野党4党が支援する元参議院議員の新人・大野元裕候補が当選しました。東京都民にとって埼玉県は隣県で、その知事選挙に関心を寄せる人はそう多くないでしょう。しかしフリーランスライターの小川裕夫さんは都民こそ関心を持つべきとうったえます。いったいなぜでしょうか。


投票率前回より上昇も、わずか32.31%

 2019年8月25日(日)に投開票された埼玉県知事選挙は、元参議院議員の大野元裕(もとひろ)候補が当選を果たしました。

県知事選挙の投票イメージ(画像:写真AC)

 今回の知事選は、4期務めた上田清司知事が退任。16年ぶりに新人候補による争いとなりました。

 前3回の埼玉県知事選は投票率が20%台と低かったためか、選挙管理委員会は漫画家・魔夜峰央さんの人気作品で、実写映画化された「翔んで埼玉」のキャラクターを啓発ポスターに採用。「埼玉県民には…!投票に行かせておけ!!」とのフレーズで投票を呼び掛けました。

 そうした啓発の効果や、新人候補による争いといった要素もあって、投票率は前回より向上して32.31%まで上昇。それでも3人にひとりしか投票に行っておらず、いまだ低投票率であることは否めません。

 埼玉県知事は、県民733万人の生命・財産を預かる重要な職責を担います。その選挙に対して、関心が高まらない理由はどこにあるのでしょうか?

背景に「埼玉都民」の存在アリ

 その一因には、「埼玉都民」と呼ばれる人たちの存在があります。埼玉都民とは、昼は東京で働き、夜は埼玉へ寝るためだけに帰る埼玉県民のことを指し、その数は多いのです。

 約130万人の人口を擁するさいたま市は、東京都心部まで電車で約1時間。人口が約60万人の川口市は、電車で約30分。東京から近く、家賃も比較的に安い埼玉は東京のベッドタウンとして人口を増やしました。

 埼玉県には、そのほかにも川越市・和光市・朝霞市・志木市・新座市・所沢市・草加市・蕨市・戸田市など、東京への通勤者が多く住む自治体がたくさんあります。これらの自治体に住むすべての住民が埼玉都民ではありませんが、それでも埼玉都民の数は想像以上に多いといえるでしょう。

非常時対応のため、東京との連携が密な埼玉県


【写真】8月1日にリニューアルオープン! 埼玉県物産館「そぴあ」のオープニングセールで販売していたものを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190826_vote_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_vote_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_vote_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_vote_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_vote_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190826_vote_03-150x150.jpg

New Article

新着記事