思わず二度見? 新宿区の北東部に「昔ながらの町名」が残っている理由

現在の新宿区北東部にかつて、牛込区と呼ばれる区がありました。かつての牛込区のエリアには古い地名が多く残っています。いったいなぜでしょうか。フリーライターの猫柳蓮さんが解説します。


残る町名、滅ぶ町名

 新宿区の東側はかつての牛込区(1878~1947年)のエリアを中心として、昔ながらの町名が今も残っています。余丁町(よちょうまち)、市谷八幡町、市ヶ谷加賀町、北山伏町、白銀町(しろがねちょう)、筑土八幡町(つくどはちまんちょう)など、実にバリエーションに富んでいます。

現在の新宿区(画像:(C)Google)

 もちろん多くの地域では昔ながらの町名は消滅しており、同じ新宿区でも西側は角筈(つのはず)や十二社(じゅうにそう)、柏木といった町名はもうありません。

 そんな地名ですが、いったいどういう理由で存続されたり変えられたりしているのでしょうか。

都市開発で進む区画整理

 全国で旧町名の変更が実施されたのは、1962(昭和37)年に定められた「住居表示に関する法律」にさかのぼります。

 明治時代以降、日本では住所を「字名」と「地番」で表示していました。ところが、開発が進んだ都市部では次第に問題をきたすようになります。

 都市開発で区画整理が進むと、従来の字名ではどうしても境界が不明瞭になってしまい、また同じ地番の上にいくつもの家が建てられる事態が発生したのです。

 今では情緒があると思われがちですが、当時はこのような前近代的な状況を東京オリンピック(1964年)で来日する外国人に見られたら恥ずかしい――という意見もありました。

 こうして東京オリンピックを挟んで、都内では住居表示の実施が進みます。

 これは住所を合理化する作業であるため、採用されたのは「わかりやすい」「単純」な地名で、それらに「○丁目」と番号を振っていきました。

 新宿区では西から住居表示が進み、それまで「角筈1丁目」だった新宿駅周辺は新宿3丁目に。さらに東へ2丁目、1丁目と、割り振りは機械的に進められていきます。

1967(昭和42)年発行の地図。「角筈1丁目」の記載がある(画像:時系列地形図閲覧ソフト「今昔マップ3」〔(C)谷 謙二〕)

 少々余談ですが、住居表示実施前の地図を見ると角筈1丁目の中には角筈2丁目の飛び地があったり、「三光町」(現・歌舞伎町1丁目)には角筈1丁目の飛び地があったりと、確かに合理化したほうはよさそうな、ややこしさがあります。

住民「地域がバラバラにされてしまう」


【地図】余丁町、市谷八幡町、市ヶ谷加賀町、北山伏町、白銀町、筑土八幡町の場所をチェックする(6枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/01022_ushigome_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画