目指せ上野エリアの「回遊性アップ」 芸大生と地元旦那衆の異色コラボが生み出したものとは?

上野の山と街の「少ない回遊性」を解消すべく、上野周辺でさまざまな取り組みが行われています。そのひとつが「藝育会」です。いったいどのような会なのでしょうか。筑波大学大学院准教授の五十嵐泰正さんが解説します。


山と街の回遊性という長年の課題

 文化施設の集積と庶民的な活気あふれる「下町」が半径500mに同居する上野は、世界的に見てもまれなほど「異質さが同居する街」です。ただ、それぞれの方向性がバラバラで「キャラ渋滞」を起こしています。

「キャラ渋滞」は上野に長年、ひとつの大きな悩みの種を生み出していました。それは、上野の山と街の「回遊性の少なさ」です。

 2010年代後半の上野の山は、主要5施設(東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、東京都美術館、上野動物園)だけでも年間1200万人を超える膨大な入場者がありました。

 しかし長らく上野で言われていたのは、美術館や博物館に訪れる人とアメ横に来る人は「人種」が異なり、相互に行き来することが少ないということでした。

文化施設を訪れる人が街に回遊しないのが、上野の悩みの種(画像:五十嵐泰正)

 特に昭和40年代の公園口の拡張工事以降、上野の山へのアクセスは公園口からの往復が多数派になってしまい、美術館や博物館を見た後は、電車に乗って銀座などにランチやディナーへ、という行動が一般的になってしまったのです。

 事実、上野地区への来街者の流動状況データを見ると、公園口正面の上野文化会館あたりを通過した来街者は、大半が文化施設に囲まれた大噴水方面に向かいます。

 一方、アメ横センタービル近辺に来た人で、公園方面に出入りする人はかなり少なくなっています。いわば上野における人の流動が、「山は山」「街は街」で顕著に完結しており、休日はむしろそれが強まる傾向さえあります。

藝大という存在


【画像】過去に行われた「東京藝大 × 地元旦那衆」によるイベントを見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200812_ueno_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画