一生消えない後悔と罪悪感 いじめ加害者だった私が、これからのあなたたちに伝えたいこと

2018年に自殺した19歳以下の未成年者は、599人。前年に比べて32人も増加しました。そんな現在の日本において、かつていじめの加害者だったというライターが過去を振り返り、独白します。


私はかつて、いじめの加害者だった

 厚生労働省の2019年版自殺対策白書によると、2018年に自殺した19歳以下の未成年者は前年に比べて32人多い599人でした。また1年の中で、長い夏休みが明けて新学期が始まる9月1日は、自殺者数のもっとも多い日となっています。

 子どもの自殺を防ぐため、現在いじめられて悩んでいる子どもたちに対する応援メッセージが昨今、数多く発信されています。それでも学校のいじめはなくなりません。なぜならいじめの被害者に対するメッセージは、その加害者の心に届いていないからです。

 小学生の頃に同級生の女の子をいじめていた筆者が、現在の「いじめっ子」に向けて、自らの経験を批判覚悟でお話しします。

先生は、なぜAちゃんばかりを信じるのか

 小学6年生の1学期、筆者はAちゃん、Bちゃんと仲良しグループを作っていました。活発な筆者とBちゃんがふざける様子を、おとなしい性格のAちゃんがいつも楽しそうに見ているような3人組でした。

いじめが生む陰鬱なイメージ(画像:写真AC)

 その後、筆者は「Aちゃんとノリが合わない」と感じ、話しかけられてもなんとなく無視するようになります。一緒に過ごしたくなかったのでしょう。その後、Aちゃんをあからさまに避けて、Bちゃんとふたりだけで行動するようになりました。

 その後、Aちゃんは担任の先生に「いじめられている」とSOSを出し、筆者は約1か月間にわたって職員室に呼び出され続けました。毎日昼休みは空き教室で先生の怒号を浴び、長文の反省文を書かされ、学年集会で「いじめの首謀者」として全学年の前で立たされて怒られました。Aちゃんへの謝罪の気持ちではなく、晒し者にされた屈辱さから立たされている間、激しく号泣していたことを強烈に覚えています。

 同じグループから外しただけなのに、どうしていじめっ子の烙印を押されなければならないのか。Aちゃんの行き過ぎた「被害者意識」や「言い分」だけを信じる担任の先生と、その厳しすぎる対応に筆者は憤りを感じました。その後、Aちゃんと筆者は同じクラスにいながらほとんど会話することなく、ただ時間だけが過ぎていきました。

 そして小学校を卒業する直前になると、Aちゃんは県外へと引っ越します。その後、彼女の近況を聞くことはありませんでした。

「いじめっ子」の烙印を押され、中学生活はひとりだった


【写真】松井秀喜さんと日本財団HEROsが、「いじめ・自殺防止」プロジェクトを開始! 有名アスリートとアーティストらも大集合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190830_ijime_03-150x150.jpg

New Article

新着記事