在宅勤務の宿命? 話題の「コロナ太り」で何割の人がぽっちゃり化したのか?

新型コロナの感染拡大で話題となっている「コロナ太り」。実際どのくらいの人が太ったのでしょうか。ホットペッパーグルメ外食総研・上席研究員の有木真理さんが解説します。


コロナ太りの実態とは

 ダイエットや健康は、今や誰にとっても注目のキーワードです。近年は「正月太り」「夏太り」などをテーマにしたテレビ番組や雑誌の特集をよく目にします。

 そんななか、多くのメディアで最近取り上げられているのが「コロナ太り」です。

 このコロナ太りの実態に迫ろうと、筆者(有木真理)が上席研究員を務めるホットペッパーグルメ外食総研では、2020年11月に調査を行いました。

 緊急事態宣言が発令された2020年4月以降、体形に変化があったか否かを質問したところ、男性の27.2%、女性の34.6%は変化があったと回答。そのうち、「太った」と答えたのは男性が19.1%、女性が24.5%。一方で「痩せた」と答えた男性は8.1%、女性は10.1%となりました。

 コロナ太りと言われるわりには、太った消費者と痩せた人の差があまり大きくなかったため、筆者は意外性を感じました。

コロナ禍で問われる自己管理能力

 外出自粛とリモートワーク中心の仕事で、通勤やレジャーといった日常的な活動が制限されているため、消費カロリーは当然減り、体重は増えがちです。そのような人たちが圧倒的に多いと予測していましたが、結果はそうではありませんでした。

「コロナ太り」のイメージ(画像:写真AC)

 日常的に運動習慣がある人たちは通勤時間が無くなったことで、時間を創出し、ランニングや筋トレなどの軽いワークアウトを日常的に取り入れたため、体重の減少につながったと考えられます。オンラインヨガやオンラインクロスフィットといったワークアウトもこの1年で大きなブームとなり、さまざまな関連アプリも登場しました。

 また、コロナ禍でビジネス上の会食も減ったこともあり、食生活をコントロールして体重減少につなげた人もいるでしょう。

 いずれにせよ、コロナ禍の生活変化が計30%前後の消費者に影響を及ぼしたことになります。このことからも、食生活がいかにライフスタイルと密着しているかが分かります。

人々の食生活はどのように変化したのか。


【画像】コロナ禍で「太った人」の割合

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210303_fat_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画