えっ!? 大丈夫なの?」と周囲が心配……かつて「女性ひとり旅」は超絶マイナーな趣味だった

今や当たり前になった「女性のひとり旅」。しかしかつては、周囲にビックリされるほど珍しいとされたこともありました。時代とともに変化してきた女性と旅の関係について、フリーライターの小西マリアさんが解説します。


「GoTo」の東京スタートに寄せて

「女のひとり旅」という言葉が、女性たちから特別な支持を受けていた時代というのがありました。

 今では、男女どちらでもひとり旅なんて当たり前です。むしろ、人と一緒の団体行動は気疲れしてしまう、という人も少なくないかもしれません。筆者の知り合いの男性は「どこでもひとりで旅をしている女性は話の引き出しも多いし、とても魅力的」と話していました。

今では当たり前の「女性のひとり旅」。その歴史はどのように築かれてきたのでしょうか(画像:写真AC)

 2020年10月1日(木)からは東京発着を対象にした「Go Toトラベル」キャンペーンもスタートしました。家族や恋人、友人同士はもちろんですが、たまにはひとりで東京の喧騒(けんそう)を離れ、自分自身と向き合いたい、という女性も多いのではないでしょうか。

 しかし、平成の半ば頃までは女性がひとりで旅をしていると、特別なものとして扱われることがありました。例えばなにか失恋とか、いろいろワケがあってひとり旅をしているのではなかろうか――などと勘繰られたのです。

 また、これは男性でも同様なのですが、ひとり客は宿に宿泊を断られることもありました。ふたり以上でないと泊められない、というのです。泊めてくれても、なんだか仲居さんがちょくちょく声をかけにくる……。

 おそらく、何かを深く思い詰めた末にフラリと旅に出た、とでも思われたからなのでしょう。

 たまには東京の日常からたったひとりで抜け出したい、と思っても、なかなか難しい時代だったのです。

初期イメージは『いい日旅立ち』


【時代の先駆者】1972年の雑誌『anan』、ひとり旅をおススメする

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201001_trip_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201001_trip_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201001_trip_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201001_trip_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201001_trip_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画