現「AKB48劇場」近くにたった3年だけ存在した秋葉原に似合わない施設の正体

サブカルの聖地として、国内外の多く人が訪れる秋葉原。そんな秋葉原にかつて同地には一見不釣り合いな施設がありました。ライターの橘真一さんが解説します。


存在はごく短期間

 現在の一般的な“アキバ”のイメージが決定的になったのは、1990年代の終わりから2000年代にかけてです。少なくとも1980年代までの秋葉原(千代田区)といえば「家電製品を安価で買える街」であり、「電子部品がなんでもそろう街」でした。

 そんな時代の秋葉原に、ごく短期間、美術館が存在していたことがありました。

 それは、アニメやゲームなどの関連作品を扱っていた……という訳ではなく、シュールレアリスムを代表するスペインの芸術家、サルバドール・ダリの作品を常設展示する美術館だったのです。付け加えると、その美術館は“AKB48と少しだけつながりがある”というフックもありました。

 にぎやかな電気街と静かな美術館というのはミスマッチな感じもしますが、果たしていかなる施設だったのでしょうか。

現在とまったく異なっていたアキバの風景

 1980年代の秋葉原には、駅前(電気街口)や中央通り沿いを中心に、家電量販店がズラリと並んでいました。具体名を挙げれば、

・アジア無線
・石丸電気
・オノデン
・サトームセン
・シントク
・第一家庭電器
・ナカウラ
・ヒロセムセン
・ヤマギワ
・ラオックス
・ロケット

といったところです。

 これらは秋葉原に本店を構える、いわば“アキバ系”家電量販店といえます。

 現在、家電量販店の上位シェアを占める、地方発の大型チェーン「ヤマダ電機」「エディオン」「ケーズデンキ」、カメラ販売店から発展し新宿または池袋に旗艦店を置く「ヨドバシカメラ」「ビックカメラ」とはルーツが異なります。

 またその多くは、秋葉原エリア内に何らかの特徴を持たせた支店を複数有していました。1980年代までは、そうした家電量販店こそが秋葉原のあるじだったのです。秋葉原駅の中央改札口側に「ヨドバシAkiba」がオープンするのは遠い未来(2005年)の話です。

現在「AKB48劇場」の入るビル(画像:(C)Google)

 そうした“アキバ系”家電量販店のひとつに、埼玉県で創業され、1948(昭和23)年に秋葉原に進出した「ミナミ無線電機」がありました。

 同社は1984(昭和59)年、地上8階地下1階の自社ビルを建て、そこを「ミナミ電気館秋葉原本店」としています。その売り場の総面積は当時、単一店舗としては秋葉原エリア最大級でした。

オーナーが集めたダリ作品


【写真&地図】平成から明治初期までの秋葉原を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/09/200918_akiba_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画