新進気鋭のクリエイターたちが隅田川沿いの下町「蔵前」を目指す理由

近年、「東京のブルックリン」の名をほしいままにする台東区蔵前。その興隆の背景について、近年文教大学国際学部准教授の清水麻帆さんが解説します。


蔵前は「東京のブルックリン」

 渋谷・表参道・青山など、東京のおしゃれスポットはほとんどウエストサイド(西側)にあります。しかし現在、東京のイーストサイド(東側)にもおしゃれなエリアが現れています。そのひとつが、ちまたで「東京のブルックリン」(ニューヨーク)と称されている、蔵前(台東区)です。

隅田川に隣接する蔵前(画像:清水麻帆)

 ブルックリンと蔵前が似ているのは、風景です。それは、生活の中で感じられる自然や醸成された文化といえるでしょう。

 例えば川。蔵前には隅田川、ブルックリンにはイーストリバーがあります。ここは人びとの憩いの場になっています。

 隅田川の川岸からはスカイツリー、イーストリバーからは対岸のマンハッタンが見渡せます。またどちらのエリアも昔は工場地帯で、古い倉庫や建物が立ち並んでいるところです。これらの建物はリノベーションされ、こだわりのあるショップが入居。趣のある雰囲気を醸し出しています。

サンフランシスコ発のチョコ専門店も

 蔵前にはカフェ、雑貨、食事所(レストラン)など、多種多様でユニークなお店が混在しています。

「SOL’S COFFEE」(台東区蔵前3)は自家焙煎(ばいせん)のコーヒーを提供する人気店で、フルーティーな香りの本格的なコーヒーを飲むことができます。

「SOL’S COFFEE」の外観(画像:清水麻帆)

 ほかにも玄米専門のショップ兼食事所「結わえる」(蔵前2)や自分だけのノートが作れるお店「カキモリ」(三筋)などがあります。

 サンフランシスコの有名なチョコレート専門店「ダンデライオン・チョコレート」(蔵前4)は海外初の店舗を構えたのが蔵前。こうした特徴のあるショップが多く立地することで、まちの風景や雰囲気をおしゃれなかいわいへと変貌させているのです。

歴史あるモノづくりのまち・蔵前


【地図】またの名を「東京のブルックリン」 台東区・蔵前の位置を確認する

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/06/200602_kuramae_07-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画