完成までわずか1年余 太平洋戦争が生んだ幻の遺構「成増飛行場」とは何か

練馬区光が丘に広がる大規模団地。この場所にはかつて日本軍の成増飛行場がありました。なぜ成増が首都防衛の適地に選ばれたのか。ルポライターの昼間たかしさんがその歴史をたどります。


街路樹を生かした作りの「光が丘パークタウン」

 練馬区光が丘は戦後、米軍の家族住宅「グラントハイツ」として開発された後に、日本へ返還され、大規模団地「光が丘パークタウン」として造成された住宅地。

 都営大江戸線が開通してからというもの、都心に直結している便利な地域になりました。

 昭和に開発された地域ならではの、街路樹を生かした道路は整っていて、いまだに生き生きとした雰囲気が漂っている地域です。

 イオンのほか専門店街が集結しているショッピングモール「光が丘IMA」(練馬区光が丘)も2020年12月までリニューアル工事が行われていますし、ちょっと古い団地と思いきや、ますます発展しそうな様子です。

 しかし、イオンは以前ダイエーだったことや、光が丘テアトル西友という映画館がかつて入居していたこともだいぶ昔の話になってしまいました。

一大ニュータウンの過去の顔

 さて、そんな光が丘。戦後、最初は米軍家族向けとして住宅開発が行われた理由は、日本陸軍の「成増飛行場」があり大規模な土地が確保できたからです。

 戦前まで、この地域は板橋区(まだ練馬区はありません)に所属していたものの、人家はまばらな土地でした。

 現在、光が丘公園になっているところの北のあたりには「お玉が池」という池がありました。谷あいの水がたまったような池で、そこから流れ出た水は白子川を経て新河岸川へ注いでいました。

 今でも、水量は少ないものの池の名残は残っています。

 当時は、湧き水地だったのでオタマジャクシがたくさん泳いでいるような比較的大きな池で、周囲は森になっていたといいます。

 人家がまばらな地域ですから、昭和初期にはここに火葬場を建設する計画もあったようですが、地域の発展を妨げるとして住民が反対して中止になっています。

土地の運命を変えた戦争の記憶


【画像】終戦、そして復興――「成増飛行場」跡地の移り変わりを見る(9枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/08/200822_narimasu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画