お台場の海はなぜ「トイレ臭い」と言われたのか? 都が取り組む水質改善の成否に迫る

東京2020オリンピック・パラリンピックのテスト大会で、会場となったお台場海浜公園のスイムコースの水質悪化によりスイムが中止になった件について、フリーランスライターの小川裕夫さんが解説します。


かつて、東京の湾岸エリアに海水浴場があった

 2020年に迫った東京五輪は、いまだに問題が山積しています。

 東京五輪のトライアスロンは、港区のお台場海浜公園を競技場として使用します。そのテストイベントが2019年8月11日(日)に開催されましたが、出場選手から「(海が)トイレ臭い」との苦言が出ました。大都会・東京の海が「オーシャンブルー」だと考える人は皆無でしょうが、トイレ臭いという言葉は関係者に大きな衝撃を与えたことでしょう。

お台場海浜公園の様子(画像:写真AC)

 これまでにも東京都は親水空間の整備を進めてきており、公園の噴水やじゃぶじゃぶ池をはじめ、河川のせせらぎといった清流の復活にも力を入れてきました。決して、海や河川の水質改善に手を抜いていたわけではありません。今回のイベントで、水質改善は簡単に達成できないことが明らかになりました。

 水質改善で、東京都が特にこだわったのは海水浴場の復活です。島しょ部に海水浴場はありますが、23区や多摩に海水浴場はありません。昭和30年代後半まで、東京の湾岸エリアには海水浴場があり、それらを復活させることで水質改善をアピールする狙いがあったと思われます。

 2005(平成17)年前後から、東京都は港湾局や下水道局といった複数の部署で連携し、水質の改善に取り組み始めました。行政の力だけで、水質改善は達成できません。そのため、地元住民やNPOなどの協力を仰ぎました。官民一丸で、東京湾の水質改善を進めたのです。

水質汚染の原因は、河川上流部に起因


【写真】透明度がスゴい! 四国で唯一「水質日本一」に選ばれた奇跡の清流とは

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190818_suishitsu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画