恐るべし東京の猛暑。旅行から帰ったら予想外の被害にビックリ&コロリンしちゃった経験を描いた漫画「人間以外もやられてる……」

東京在住15年のどらミーさんは、日々の生活が生みだす「ちょっとした驚きや喜び」を描くイラストレーターです。今回のテーマは、「ビックリ&コロリン」です。


猛暑恐るべし

 どらミーさん(ペンネーム)は東京在住15年、ビジネス雑誌のマンガなどを手掛けているイラストレーターです。現在は「比較的都心」に住んでいますが、かつては都内のさまざまな街を移り住んでいたといいます。そんなどらミーさんが描くアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「ビックリ&コロリン」です。

どらミーさん自身の体験を描いた漫画のカット(どらミーさん制作)

――どらミーさん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 夏の直射日光でいくら暑かったとはいえ、まさかアレが縮むなんて……という衝撃の体験でしたので描きました。猛暑に苦しんでるのは、私たち生き物だけじゃなかったんだなと(笑)。

――エアコンの配管パテ(以下、パテ)が、すごいことに。

 わが家には、パテに接するような状態で家具が置かれています。旅行から帰ってきたら、その家具に噛んだ後のガムのようなものが付いていたので、「なぜこんなところに?」と思ってよく見たら、はがれた配管パテだったんです。

――その後、すぐ業者さんを呼んだのでしょうか。

 パテは室内にあったんですよ。なのに、こんなことになってしまって……放置するのが恐くて、すぐ業者さんを呼びました。パテが溶けるなんていう発想、これまでまったくなかったですし(笑)。

――触感は何に近かったのでしょうか。

 まさに、噛んだあとのガムですね。カチカチではなく、柔らかくなってる方です。色も同じでした(笑)。

――そして、サンダルを履いたら……。

 履いたとき、「ん?」と思いましたが、先に足が動いてしまって……しかも姿が5cmくらい変わっちゃって……。

――すごい体験ですね。2019年の夏は猛暑がでした。太陽にひと言お願いします。

 今年の夏もなかなか辛かったです……。

――読者にひと言お願いします。

 東京は暑さが少し落ち着き、朝晩は過ごしやすくなりました。嗚呼、暑さが戻るなんてことがもうありませんように。このまま秋がきてほしい…‥です!


【漫画】本編を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190827_sandals_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190827_sandals_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190827_sandals_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190827_sandals_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画