「Youは何しに日本へ?」を見て思わずビックリ! 外国人が偏愛する「懐かしの東京コンテンツ」4選

バラエティー番組「Youは何しに日本へ」(テレビ東京系)には、日本を訪れる多くの外国人観光客が描かれます。そんななかで印象的な東京コンテンツを振り返ります。


“You”たちが愛した東京コンテンツとは?

 新型コロナウイルスの感染拡大で、国をまたぐ移動は大幅に制限されました。そんななか、バラエティー番組「Youは何しに日本へ」(テレビ東京系)でも、訪日外国人を新たに取り上げることは難しくなっています。

 人気番組だっただけに残念ですが、現在は過去に登場した“You”たちを改めて放送しているので、かつての“You”たちについて振り返るいい機会です。

「Youは何しに日本へ」(画像:テレビ東京)

 印象に残る過去の“You”たちを見ていると、ゲームや漫画など、かつて日本で流行したコンテンツが好きな人が多いことに気づきます。

 ある“You”は新橋でミニ四駆を探し、また別の“You”は憧れの作家目当てに神保町の有名出版社を訪問するなど、おのおのの目的を東京で果たそうとします。東京はさまざまな文化の中心ですので、世界から見ても訪れたい場所が多いのでしょう。

 そこで本記事では「“You”たちが愛した懐かしの東京コンテンツ」と題して、番組内に登場したものを紹介します。

1.ミニ四駆

 オーストラリア人の“You”が来日し、ミニ四駆を「爆買い」する内容で、タミヤプラモデルファクトリー(港区新橋)が紹介されました。

港区新橋にあるタミヤプラモデルファクトリー(画像:(C)Google)

 もともと他店と値段を比較してから買うという堅実な1面を見せていた“You”でしたが、欲望に勝てず、タミヤプラモデルファクトリーで一気に爆買いをスタート。40代の男性“You”が、子どものように買い物を楽しむ姿にほっこりとした視聴者も多いでしょう。

 ミニ四駆は筆者もドンピシャの世代で、小学生時代には『爆走兄弟 レッツ&ゴー!!』というアニメを必死で見ていた記憶があります。

 爆走兄弟は「烈」「豪」のふたり合わせて「レッツ&ゴー」という、まさにアニメといった設定の主人公たちでした。アニメ内で紹介されるマシンが欲しくて、近所のプラモデル屋に通った人も少なくないでしょう。

 主人公たちが使用する「ソニック」「マグナム」をはじめ、ミニ四駆には数多くのマシンがありますが、そのほとんどはカスタムが可能です。モーターやタイヤなど自由な組み合わせでオリジナルのマシンが作れます。

2.『北斗の拳』


【画像】“You”たちが訪れた東京スポット

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211016_you_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画