本館建て替えが話題に――帝国ホテルと渋沢栄一の誇り高き歴史を振り返る【青天を衝け 序説】

“日本資本主義の父”で、新1万円札の顔としても注目される渋沢栄一が活躍するNHK大河ドラマ「青天を衝け」。そんな同作をより楽しめる豆知識を、フリーランスライターの小川裕夫さんが紹介します。


1890年開業の一流ホテル

 3月16日(火)、帝国ホテルが主力となる帝国ホテル東京(千代田区内幸町)の本館の建て替えを検討していると報道され、話題となりました。

 1890(明治23)年に創業した帝国ホテルは、質の高いサービスや食事、高級感などを堪能できる空間として知られ、国内外から高い評判を得ていることから、“帝国”の名前にふさわしいホテルと言えます。

 帝国ホテルは、NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一が政財界に呼びかけて実現したホテルで、初代会長も務めました。渋沢は「資本主義の父」と呼ばれる実業家でしたが、営利を第一に帝国ホテルの開業を目指したわけではありません。

2021年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』のウェブサイト(画像:NHK)

 鎖国が解かれた幕末期、多くの外国人が日本を訪れるようになりました。当初、外国人の多くは西洋人で、その多くは旧来の商習慣が残る旅館に宿泊していました。開国により少しずつ訪日外国人が増えていたとはいえ、その数は決して多くありません。それまでの旅館で十分に宿泊需要は賄えたのです。

 しかし、明治新政府が発足すると事情が一変。発足したばかりの新政府は財政が逼迫(ひっぱく)しており、財政を好転させるべく外貨の獲得に傾注します。

 政府は、外貨獲得政策として生糸と茶の輸出に力を入れます。こうして国内の産業振興を図る一方、多くの外国人に日本を観光してもらうことに取り組みました。現代風に言えば、インバウンドを期待した政策です。

 訪日外国人観光客を増やすためには、日本が魅力的な観光地であることをPRしなければなりませんが、バラバラに宣伝しても訴求できません。現在なら、地方自治体の観光課などが名所やおいしい郷土食をPRして誘客を図ることは当たり前ですが、当時は政府がPRをする時代ではありませんでした。

 渋沢は旧徳島藩主だった蜂須賀茂韶(はちすか もちあき)を会長にした喜賓会(きひんかい)を1893年に設立。喜賓会は観光協会と旅行代理店を合わせたような、各地の観光・郷土料理のPR、それらを巡るためのツアー行程を作成するといった業務を担当しました。

開業には政財界オールスターが協力


【明治初期~現在まで】帝国ホテル周辺の風景

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/03/210319_teikoku_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画