飼い猫のリアクションが大きすぎて軽いケガを負った飼い主の漫画「け、けっこう痛かった……」

ゆるかわいい猫の絵が人気の漫画家・佐久間薫さんが、3匹の飼い猫と夫との騒々しい日常を描きます。


気が緩んでいるときは特に

 佐久間薫さんは、東京23区の北西エリアに住む漫画家です。夫と猫3匹(黒丸・白丸・茶丸)との気ままな暮らしを紹介するアーバンライフ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「びっくり茶丸」です。

飼い猫たちとの日々を描いた佐久間さんの漫画のカット(佐久間さん制作)

――佐久間さん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 茶丸のびっくり屋さんのネタがたまったので描いてみました(笑)。

――茶丸、かわいいですね。特に音に敏感なのでしょうか。

 そうみたいですね。あと気が緩んでるときに突然! っていうのがダメみたいです。

――怖がり、というのともまた違うのでしょうか。

 まあ、結局は怖がりなんでしょうね(笑)。一見気が強そうなんですけどね。

――「ダーーッ」と飛び越えられた佐久間さんのおでこは、大丈夫でしたか。

 けっこう痛かったです。でも猫と暮らしているとこういうことも慣れますね~。

――人間のびっくり屋さんたちにひと言お願いします。

 危機管理能力が高いんです!

――漫画の読者にひと言お願いします。

 お読みくださりありがとうございます、みなさんにとって良い1日になりますように☆


【画像】漫画を見る

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/07/200706_cha_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200706_cha_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200706_cha_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200706_cha_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/07/200706_cha_05-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画