みんな大好き「銭湯」、東京と大阪で全然違うのをご存じですか!? という漫画「東京の銭湯には、アレがない!」

関西出身者が、東京の銭湯に行くとびっくりすることがあるそうです。イラストレーターのサンさんが自身の体験を漫画に描きました。


急に寒くなって、広い湯船が恋しい季節。。

 サンさんは東京在住13年で、現在夫とふたり暮らしのイラストレーター。趣味は漫画やアニメ、映画、写真、旅などで、自称「節操なし」にいろんなことに手を出しては、日常の絵日記や旅の漫画としてブログに掲載しています。そんなサンさんが描くアーバンライフメトロ・オリジナル4コマ漫画。今回のテーマは「銭湯でカルチャーショック」です。

サンさんの体験を描いた漫画のカット(サンさん制作)

――サンさん、今回の作品を作った背景を教えてください。

 東京でもたまに銭湯に通うので、大阪との違いを描いてみました。

――最近、急に寒くなりましたもんね。シャワーより湯船につかりたい季節です。

 そうですね。温かい広いお風呂に入るととても幸せを感じます。

――東京と大阪で銭湯の形が違うとは知りませんでした。腰かけが付いている大阪スタイルは、人との話が弾みそうですね。

 もうほんと絶えず話が弾んでいたように思います。他にもいろいろ東西で違いがあるようです。「おけ」のサイズも大阪はひと回り小さいとか。

――大阪の銭湯にも行ってみたくなりました。サンさんは何度くらいのお湯が一番ちょうどよいですか。

 42度くらいが好きです。

――スーパー銭湯好きな人たちにひと言お願いします。

 これからもいろんなスーパー銭湯を楽しみましょう!

――漫画の読者にひと言お願いします。

 サウナがあったり、変わったお湯に浸かることができたり、日常を忘れさせてくれる ひと時です。


【画像】漫画を読む

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/10/201016_sento_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_sento_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_sento_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/10/201016_sento_04-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画