木に浮かぶ顔、殉教者のうめき声……昼に訪れたい都内「怪談スポット」を歴史からひも解く

一般的に、夜に訪れるイメージのある心霊(怪談)スポットですが、怪談・オカルト研究家の吉田悠軌さんは昼に訪れることを勧めます。そんな吉田さんが都内の「怪談スポット」をご紹介します。


怪談は、土地の隠された歴史を教えてくれる

 皆さんは「心霊スポット」と聞くと、どのようなイメージを持たれますか?

 若者たちがスリルたっぷりの恐怖を味わうために、夜中に肝だめしに訪れる……そんな印象が強いのではないでしょうか。

 それはそれで結構ですが、「心霊(怪談)」と「スポット(場所)」との関係性は、それだけに終わるものではありません。怪談はときに、「その土地の隠された文化や歴史をひも解いてくれる」糸口となってくれるのです。

 東京はまさに、そのような「心霊スポット」が随所にひしめいている都市です。東京の歴史を楽しめる「怪談スポット」を紹介していきましょう。

高級住宅街の片隅に残る、宣教師の情念

・切支丹坂
 まず足を運びたいのは、「切支丹坂(きりしたんざか)」(文京区小日向)。茗荷谷駅から上っていった高台に、ひっそりある坂です。

切支丹坂に作られた慰霊碑(画像:吉田悠軌)

 坂の名前は江戸時代、禁制だったキリスト教徒(キリシタン)の宣教師らを収容する施設「切支丹屋敷」が設置されていたことに由来します。拷問による取り調べは過酷で、ここでキリスト教を捨てなければ、そのまま死を迎えることとなりました。そんな殉教者を偲んだ慰霊碑が、高級住宅街の片隅に今もひっそり残されています。

 今でも夜になれば殉教者たちの悲鳴・苦痛の声が聞こえてくると噂され……。そんな由来からでしょうか、この辺りは明治時代から不気味な場所として有名でした。いわば心霊スポットの「老舗」ともいえるでしょう。

 例えば夏目漱石は小説『琴のそら音』で、「なぜ切支丹坂と云うのか分らないが、この坂も名前に劣らぬ怪しい坂である」と記述。ちなみに漱石が描写しているのは現在の切支丹坂ではなく、すぐ近くの庚申坂のことですが、まあエリアとしてはほぼ同じです。

300年間眠っていた「最後の宣教師」の人骨

 また近代「怪談」文学の元祖ともいえる岡本綺堂は、ここを『青蛙堂鬼談(せいあどうきだん)』の舞台に選びました。切支丹坂の屋敷へと集まった人々が、奇妙な怪談会を行うという連作小説で、江戸と明治の「怪談」を繋ぐような趣きを感じられます。

切支丹坂の様子(画像:吉田悠軌)

 同地では、最近でも不思議な偶然が起きています。2014年、付近のマンションを建設中、イタリア人中年男性および日本人男女ふたりの白骨体が出土。それらの人骨は、屋敷に幽閉されていた「最後の宣教師」と言われるジョバンニ・シドッチと、密かに彼から洗礼を受けた老夫婦のものだと目されているのです。

 シドッチが地下牢で亡くなったのは、1714(正徳4)年。つまりちょうど300年目になって遺骨が掘り起こされたというのだから、まことに因縁深い話ではないでしょうか。

『遠野物語』関係者がイチョウの木に見た女の顔


【地図と写真】今回紹介した怪談スポットの具体的な位置とその様子

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_11-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_12-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_13-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_14-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_15-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_16-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/08/190829_kaidan_05-150x150.jpg

New Article

新着記事