一概に責められない? 都立高受験「男女別定員」が維持されてきた複雑な事情

全国の公立高校で唯一、共学校の男女別定員を設けている都立高校。東京都教育委員会が先日発表した男女別定員の見直しは、今後をどう変えるのでしょうか。教育ジャーナリストの中山まち子さんが解説します。


都立高校の男女別定員は1950年から

 東京都教育委員会は9月24日(金)、都立高校の入学試験における男女別定員を見直すことを明言しました。都立高校は全国の公立高校で唯一、共学校の男女別定員を設けています。

高校受験する生徒のイメージ(画像:写真AC)

 その発端となったのが、NHKが2021年3月25日に報じた「首都圏ナビ」の「都立高校入試の“男女別定員制” 同じ点数なのに女子だけ不合格?」で、男女による合格ラインの点数の違いを取り上げました。

 かいつまんで言えば、男女別で定員が決まっているため、同じ性別のなかから内申点と入試の点数の高い順に合格者を出しており、その結果、女子の方が都立高校の合格ラインの点数が高くなっている、という内容でした。

 もちろん、全ての学校で女子の合格ラインが高いということはありませんが、昨今の男女平等の流れに逆行していると捉えられる可能性もあります。

 都立高校の男女別定員の歴史は長く、「早稲田大学 教育・総合科学学術院 学術研究(人文科学・社会科学編)第62号)2014年3月」に記載されている「都立高等学校における男女別入学定員の変遷」(小野寺みさき)によると、導入は1950(昭和25)年からとなっています。

 制度が緩和されつつも、50年以上にわたり都立高校では男女別定員を定めた入試が実施されていたことは事実です。これまで問題視されなかったわけではありませんが、完全撤廃には至りませんでした。

 そのようなことからも、今回の決定は一歩前進したといえるでしょう。

他県とは異なる東京都の受験事情


【画像】高校受験の選択「本人主導」が9割以上! 志望校選びは「在校生の雰囲気」などを重視

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2021/10/211002_toritsu_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画