暑い日のお供にぴったり ペットボトルはなぜ「500mlサイズ」で広まったのか

暑い日の水分補給に便利なペットボトル。そんなペットボトルはなぜ500ml製品が多いのでしょうか。ルポライターの昼間たかしさんが解説します。


増える「飲みきりサイズ」

 東京のあちこちで見かける自動販売機は近年の進化が著しく、小銭を出さなくても電子マネーで買えるためとても便利です。JR東日本のエキナカにある自動販売機は、時間帯別の売り上げや購入場所などのPOSデータも収集しているそうで、まさに最先端の技術が詰まったものと言えるでしょう。

自動販売機でペットボトルを買うイメージ(画像:写真AC)

 そんな自動販売機で売られているドリンクで最近、「飲みきりサイズ」が増えています。500mlのペットボトルは量が多すぎて、その場で一度に飲むには余ってしまうため、需要は高いのでしょう。

 日本コカ・コーラ(渋谷区渋谷)はさらに一歩進んで、2020年からスーパーなどで流通するコカ・コーラのペットボトルを350mlと700mlのラインアップに切り替えています。ひとりで飲みきるときと、ふたりでわけて飲むときに適したのがこのサイズとのことです。

なぜ500mlが「飲料の標準」になったのか

 ここでふと頭に浮かんだのは、なぜ500mlが「飲料の標準」になったのかということです。

 かつて缶が主流だった時代は、200mlサイズが多数派だったのにも関わらず……そのようなわけで、350ml缶が流通し始めた頃は「同じ値段なのにお得だ」と思った人も多いのではないでしょうか。

 350ml缶はアメリカ発祥ということもあり、かつては「アメリカンサイズ」と呼ばれていました。

キリンホールディングスのウェブサイト(画像:キリンホールディングス)

 これは缶ビールから当初始まったもので、ビール大手のキリンホールディングス(中野区中野)のウェブサイトでは、アルコール飲料の缶が350mlと500mlになっている理由をこのように解説しています。

なぜかキープされた100円価格


【アンケート結果】あなたはペットボトルのお茶系飲料を買うとき、何を重視しますか?

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_03-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2020/05/200522_pet_06-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画