食の達人おすすめ「逸品ランキング」発表! 1位は大人気スイーツ「バスチー」の原型だった

2019年6月24日

ライフ
ULM編集部

情報サイト「おとりよせネット」が、自サイト内で「達人」が紹介した、おとりよせグルメのアクセスランキングを発表。1位に輝いたのは、先日ローソンで発売とともに大ヒットを記録したスイーツ「バスチー」の原型「バスクチーズケーキ」の名店のケーキでした。


1位は、ローソンで爆発ヒットを記録したスイーツの「原型」

 自宅にいながら、全国津々浦々の美食の数々が堪能できる嬉しい現代。アイランド(渋谷区神宮前)が運営する情報サイト「おとりよせネット」はこのたび、「2019年上半期『お取り寄せの達人』がおすすめする『逸品ランキング』」を発表しました(集計期間:2019年1月1日~5月29日)。

「スイーツ部門」1位、東京都「GAZTA」の「バスクチーズケーキ」(画像:アイランド)

 ランキングは、同サイトで、食の専門家として活躍する「お取り寄せの達人」がおすすめする商品のURLへのアクセスをもとに、「スイーツ部門」「グルメ部門」の2部門で集計を行なったもの。「スイーツ部門」1位に輝いたのは、スイーツ芸人のスイーツなかのさんがおすすめする、東京都「GAZTA」(港区白金)の「バスクチーズケーキ」(15cm/4320円)です。

 そもそもバスクチーズケーキとは、2019年3月ローソンで発売開始され、大ヒットを飛ばしているスイーツ「バスチー」の原型にもなったスイーツ。名前の「バスク」は、スペインとフランスの国境付近の「バスク地方」を指しており、そこが発祥といわれています。

 食感は、レアとベイクド(焼いてある)の中間くらいで、表面の黒い焦げ目が特徴のひとつ。そんなバスクチーズケーキのなかでも、スイーツなかのさんが「どうしてもここのバスクチーズケーキのことは、たくさんの人に知ってもらいたい」とおすすめするのが、2018年7月、白金高輪に誕生した専門店「GAZTA」といいます。

「個人的には、いまのバスクチーズケーキブームの火付け役は『GAZTA』の誕生が大きいと思うほどの存在感」(スイーツなかのさん)とのこと。

 何が他と違うのかというと、バスク地方の名店バル「ラ・ヴィーニャ」に、チーズケーキのレシピを、世界で唯一教えてもらっていること。約2年にわたり熱烈なアプローチを続け、思いが届いた結果、実現したのだといいます。

 なお、同商品はオンラインショップで売り切れになっている場合、翌営業日の朝10時からの再販売となるそうです。

2位は「香りをたべるアイスクリーム」


【写真で見る】2019年の上半期「逸品ランキング」(10枚)

画像ギャラリー

/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_04-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_05-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_06-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_07-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_08-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_09-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_10-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_01-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_02-150x150.jpg
/wp-content/uploads/2019/06/190621_otori_03-150x150.jpg

New Article

新着記事

Weekly Ranking

ランキング

  • 知る!
    TOKYO
  • お出かけ
  • ライフ
  • オリジナル
    漫画